« St. | トップページ | 同じ高さ »

2007.02.15

留守番

昨日の雨雪でできなかった社宅の階段掃除・新聞出し・ポストの掃除など、
ちょっと外で用事をしたかったので、
いつものとおりコウスケも連れていこうと思うが、
ふと思い立つ。

「コウスケ、ちょっとお外で用事してくるけど、うちの中で遊んでる?」
「イイヨ!」

\(゚▽゚)/ワオ


ガスの元栓が締まっているのを確認し、
念のためファンヒーターを切ってエアコンをつけ、
いってきまーす、と玄関を出ると、
「イッチッチャーイ」と見送ってくれました(^-^)

もし泣いたとしても、泣き声が外まで聞こえるから大丈夫。
階段を掃除し、空き部屋のポストのゴミやチラシを捨て、
たまった新聞やダンボールを置き場に持っていき、
ついでに伸びなどしたりして、約10分経過。

「ただいまー」と玄関を入っても返事がない;;
部屋に入ると、
070215_1017_1 「イッパイダ~」とブロックを部屋一面に広げて
喜んでいました。

070215_101700_1 近づくと、
「カレー、カレー」と。
どうやら料理中だったようです。

母さん、邪魔をしたね。

このあと、
カラフルなカレーを振舞ってくれました。
包丁で食べさせてくれました。

日々成長ナリ(^-^)

|

« St. | トップページ | 同じ高さ »

コメント

ひとりで留守番、お利口だったね。ふと、息子が小さかった頃のことを思いだしました。お昼寝したので、同じアパートの友達の所へ用を済ませにいきました。ちょっとのつもりが、「まあ、寝ているしいいか。鍵も掛けて来たし」と、15分ぐらい立ち話。そして、自分の家に帰ろうと思ったら、なんか大きな声がきこえてきます。よーく聞くと息子の声で、「だれか~、僕のお母さんを知りませんか~。だれか~、僕のお母さんをしりませんかあ~」って叫んでいるではありませんか。それも少し、涙声で。家はアパートの2階で、2階の窓を開け外に向かって叫んでいました。大急ぎで家に帰り、ごめんねって抱きしめました。眠ったと思ったのに、すぐに目を覚ましてしまったようです。目を覚まし、私がいなかったので息子なりに智恵をしぼったのでしょうね。かわいそうだったけど、かわいかったです。いくつくらいだったかなあ。3歳くらいだった気がします。

投稿: miwabou | 2007.02.15 13:37

こうちゃんお留守番出来て、えらかったね。 「いいよ!」の可愛い声が、聞こえてきそうです。  この度は、みんなの心使い、本当にありがとう! 幸せいっぱいでした。 また、今日から、それぞれの生活のスタートです。 また、元気で一同が再会出来る様に、健康には気を付けて過ごしましょうね。 こうちゃん、父さんにもよろしく。

投稿: baachan | 2007.02.15 17:10

◆miwabouさん
 今となってはほのぼのエピソードだけど、その時は2人ともビックリだっただろうね。
 立ち話するmiwabouさん、叫んでいる息子ちゃん、どちらもその姿が想像できるよ。
 ただただワーンワーンと泣かずに、
 「だれか~・・・」と外に叫ぶところがさすがだよ。

◆baachanさん
 その節はお世話になりました。
 そしてプロジェクトのご協力ありがとうございました!大成功でしたね。
 ついこないだまでべったりだったのがウソのようです。
 これからは簡単な用事ができるようになるので助かります(^-^)

投稿: Ayumi | 2007.02.16 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« St. | トップページ | 同じ高さ »