« 愛の言葉 | トップページ | ビー玉ころころ »

2007.07.24

夏祭り

スイミング仲間のヒカルちゃんの家のそばにある天満宮でお祭があるというので、
いつものハルちゃん・ヒナちゃんと一緒に見に行ってきました。
お祭りを見に行くのは、1月のどんと祭以来です(^-^)

メインは今日の夜なのだそうですが、
夏休みということもあって、思ったよりも人出がありました。
たくさんの提灯や露天、金魚すくいの金魚、輪投げのオモチャなど、
子供たちの好きそうなものがたっくさん。
コウスケも金魚に釘付けになってました。
 写真撮ったのに、うっかり消してしまった。残念(>_<)

学問の神様が祀ってあるということなので、
子供たちの将来のために・・とみんなで祈ってきました。
ついでに、母さんたちのボケ防止も。
「なんとか牛(名前忘れちゃった)」という縁起のいい牛の置物があったので、
それも一生懸命なでてきました。コウスケはビビって逃げていました;

今日は今年初の真夏日。
日陰は涼しいのだけど、気温は30℃くらいあったようです。
みんな「暑い暑い~」とカキ氷の露天へダッシュ。
実は母さん、露天のカキ氷はあまり好きじゃない。
あの色が・・。
だから、コウスケが欲しいといったらどうしようかなーと考えていました。
でも、みんなが食べているのを見ていたので「コウスケも欲しい?」と聞いたところ、
「コーチキ、イラナイ。」と一言。
ちょっと安心の母さんでした。

これから、仙台の七夕まつりなど、夏祭りがたくさんです。
今年は浴衣が着れないのが残念だけど、いろんなお祭りをのぞいてみたい~☆

|

« 愛の言葉 | トップページ | ビー玉ころころ »

コメント

お祭りは、いくつになっても何となく心躍るものです。金魚すくいは昔から今まで大きく変わることのない夜店の代表ですね。また、カキ氷もこの時期必ずと言って良いほどの常連さんですが、私もAyumiさんと同じく、あの色で一気に食べる気を削がれてしまいます。でも、さっすがコウチャン。ママの気持ちをわかってくれているかのようですね。食に対しても子供の頃からの習慣や親の思いを伝えることが大切だと思いますし、小さい頃の親の言葉は忘れないものです。飽食の時代だからこそ、選択して食したいものですな。

投稿: miwabou | 2007.07.25 18:41

◆miwabouさん
 私は歳がいもなく、綿菓子が好きです。でも高いんだよね。
 コウスケは見慣れないものは絶対に食べたがらないので、
 こういうときはとても助かります。
 自分自身が子供のころに親に言われたことが身にしみこんでいるなあと
 感じる今日この頃です。

投稿: Ayumi | 2007.07.25 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛の言葉 | トップページ | ビー玉ころころ »