« 小さな社会 | トップページ | ポートレイト »

2008.06.25

ケンカ

Photo008お風呂上がりに、2人でレゴブロックで遊んでいます。
細かいのはコウスケ、大きいのはハルキ。
ハルキがまだ動かないからいいものの、動くようになったら大変。

Photo007コウスケはお店やさんごっこをしています。
レゴの中におじさんとおばさんのブロックもあるので、
1軒ずつ店を構えて
「・・いらっしゃいませ。これください。はい100えんです。ありがとうございました。」と一人二役してました。

母さんはこの横で洗濯をたたんでいたのですが、
ふと気がつくと、2人が大きいブロックを取り合って大騒ぎ。
コウスケがハルキに危害を加えることはないから、
どんなものかと見ていました。
「これは、だめだよー。」
「ギャーーッ。」
「だーめー。ハルキは、ハルキのオモチャで、あそんでよ。」
「ギャーーッ。」
泣きつつも、絶対に負けないハルキ。

引っ張りあいながら、
「だってさー、ハルキ、ブロックのうえに、よだれだすんだもん。
 もう、ぜったいに、あそんじゃだめだもん。
 よだれだすと、さびしいんだもん。だからおこったの。」

さびしいというのは、多分『イヤ』っていうことなんでしょう。
「よだれが出たら、タオルでふけばいいんじゃない?」
「だめなの。よだれだしちゃだめなの。」
「それはさー、コウスケにおならしちゃいかんよ、ていうのと同じことでさ、
 ハルキが今よだれでちゃうのはしょうがないんじゃない?」
「ふーん。」

気がつくと、ハルキも泣きやんでなぜか笑っていました。
話の内容、聞いていたのかい?

結局、ブロックはやめて、絵本を読むことになりました。
男の子同士、この先ケンカは絶えないんだろうなー。
やれやれcoldsweats01

|

« 小さな社会 | トップページ | ポートレイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな社会 | トップページ | ポートレイト »