« 利き手 | トップページ | プレ誕生会 »

2008.11.28

ソフトなはずが

51kq22sevzl__ss500__21冊家にあったらいいなーと思っていた、
米粉のレシピ本。
先日、コウスケのウルトラマンの本を買いに大きな書店に行った時に発見して、思わず買ってしまいました。

『100%米粉のパン&お菓子』
小麦粉だけじゃなくて、卵も牛乳も大豆も・・アレルゲン食材はすべて使われていないものばかり載っていますbook
すばらしい~shineshine

さあ作るぞー、と意気込んだものの、
今度は肝心の米粉が手に入らない~。
この本では、リ・ファリーヌという米粉を使ったレシピが載っていて、
他の種類の米粉の場合には、水分調整の割合はこのくらい、という記載になっています。
おとといやっと見つけた米粉は、リ・ファリーヌじゃなかったけれど、
水分調整をすることでなんとかなればいいな、と。

そして今日、やっと作りましたbread
基本のパンはソフトタイプとハードタイプがあったので、ソフトタイプをチョイス。

小麦粉と違って、こねは不要だし、発酵は1回だけだし、つくり方は簡単です。
が。
やっぱり水分の加減がうまくいかず、柔らかい生地をパウンド型に流し込むはずが、
成形できてしまうのでは?と思うくらいの硬い生地に。
それでもパウンド型に無理やり入れました。
しかも、本のパウンド型は8×14cmなのが、我が家のは8×18cm。
高さがないパンになりそうな気が・・。081128_151923

その予感は的中しましてsweat02
ここに載せるのもはばかられるような仕上がりになりました。
なんだか、大きな焼き餅みたい。
実際切ってみると、中の生地も詰まっていて、ふんわり感が少なく、
パンというよりは餅です。
しかも、本に書かれていた時間通り焼いたところ、まだ少し生っぽかったので、5分ほど延長したら、表面がかたくなってしまいました。
アラレみたい。

081128_165346せっかくなので、
少し切って周りの硬いところを除いてハルキに食べてもらったところ、不思議そうな顔をしていました。
ペッと出しはしなかったものの、もっとちょうだい、とも言われず。
母さんも食べてみましたが、
うむ、これはパンではない。
どこかで食べたことのある食感・・。Kujira
あ、わかった。
前にハルちゃんのおばあちゃんがお土産にくださった、
山形県庄内地方名産のくじら餅に似てる。
ためしに、砂糖しょうゆをつけて食べたらなかなかいい感じです。

もはや、扱いもパンではなくて餅です。
やっぱり米粉。
母さん、餅は大好物ですが、パンを作ったはずなのに餅ができたのでは、
あまりうれしくありません。

母さんが思うに、
米粉パンの発酵は室温でやるのだけど、
今日も寒い日だったので、発酵が足りなかったんじゃないかと。
あとは、今思うとぬるま湯が少し熱かったかなぁ。
反省点、いっぱいです。

でも、米粉とのつきあいは長くなりそうな予感がするので、
試行錯誤して、おいしいパンが作れるようになりたいです。

|

« 利き手 | トップページ | プレ誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利き手 | トップページ | プレ誕生会 »