« 場の空気を読む | トップページ | 修了モード »

2009.03.04

今月の病院

2、3年ぶりに、おでこにバンソウコウを貼ったコウスケです。
1歳台は、よちよち歩きのころも、そして歩くのが少し上手になったころも、
とにかくよく転んで、身体のわりに大きな頭をぶつけて、
たんこぶやすり傷作って泣いてたっけ。

でも、今回が一番大きな傷だと思われます。

月曜日、幼稚園が終わってからいつものように園の敷地内で遊んでいました。
うちの幼稚園はかなり古いので、外門から中門までの敷地内なども歴史を感じさせる
ような状態です。
車道と、一段高くなっている歩道、どちらもヒビがあったりでこぼこがひどかったり。
まあ、子供たちはそんなこと構わず走り回っていますrun
コウスケも、かなり遊んで走って、そろそろ帰ろうかなーなんて言っていたそのとき、
母さんまであと数メートルのところで転んでしまいました。
コーーーン
すごい音。
そして、
「ギャーーーーーーーーッ。」
という泣き声。
コウスケのおでこからは、血が噴き出していました。
どうやら、歩道と車道の段差の角にぶつけたようです。
傷口らしきところをタオルで押さえて、ハルキは近くにいたママたちに託し、
近くにいた先生のところまで抱えて走り、職員室に入らせてもらいました。
出血が少し落ち着いたところで傷口を見ると、長さは短いものの、深く&幅広く切れてる。
副園長先生がすぐにタクシーを手配してくれて、幼稚園のかかりつけの外科に行くことにしました。
ハルキもいるうえに、一斉清掃の日で母さんも大荷物だったので、
担任の先生も一緒にきてくださいました。

外科での診察で、
縫わなくても傷はふさがるけれど、
幼稚園や家で遊んだりしているうちに、何かのはずみでまた傷が割れてしまうといけないので、縫った方がいいでしょう、とのこと。
「じゃあ、ベッドに寝てください。」
と寝かされたコウスケの目の前に現れたのは、大きなホチキスcoldsweats02
「縫うといっても、ホチキスのようなもので留めるんです。」
そ、そうなの~sweat01
ホチキスのようなもの、というか、巨大ホチキスそのもの。
先生、容赦なくコウスケの傷にバチン。
コウスケ、再び大号泣cryingcrying
そりゃ痛いよね・・・・・・・。

でも、おかげで、傷の状態はよさそうです。
昨日、消毒に行ったところ、すでにかなりくっついていました。
あとは、週末に消毒と、来週月曜日の抜糸。抜針というべきでしょうか。
これもちょっと痛いらしいです。090304_133245
かわいそうwobbly

コウスケは今まで、あまり活発に動き回らなかったこともあり、
ケガらしいケガもしないで大きくなりました。
痛い思いをしたのはかわいそうだけど、
最近は本当に他のお友達と一緒に、よく走り回るようになり、
元気な証拠だと思います。
3人男の子がいるママさんに
「これから、一番通うのが外科になるくらい、よくケガするよー。
 家の中でも、普通にケガするから。」
と言われました。
致命傷でなければ、まあ仕方ないかな。


幼稚園に行くときはガーゼを貼っているので、通園の黄色い帽子がかぶれず、
ニット帽で通っています。

|

« 場の空気を読む | トップページ | 修了モード »

コメント

コウスケのおばさんには茶筒の角でひどく頭を切ったおばさん、待ち針を飲んでしまったおばさん、自転車の後輪に足を突っ込んで肉が抉られ救急車で外科に運ばれたおばさんなどがいて、外科医院には大変お世話になりました。これからは怪我は避けて通れないと思いますが、赤チンで済む程度にしてもらいたいですね。怪我を怖がって消極的な人間になっても困りますが、大怪我はしないように気をつけて下さい。

投稿: トンちゃんのとうちゃん | 2009.03.05 12:44

pigトンちゃんのとうちゃんさん
たしかに、おばさんたちはみんな外科のお世話になってたねhospital
ケガをするくらい活発になってきたのは、かなりうれしいです。
夫も同じことを言っていました。
でも、最近赤チン塗っている人、見たことないかも。

投稿: Ayumi | 2009.03.06 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 場の空気を読む | トップページ | 修了モード »