« 父戻る | トップページ | すみれちゃんごっこ »

2009.05.18

ケンカ観戦

いよいよ、シューズバッグに靴が入らなくなってしまいました。
上ばきは2,3cm前後に大きくなっただけだけど、
外ばきはサイズとともに、幅も高さも大きくなるからね・・。
完全に、作成時の読みが甘かったgawk
毎週金曜日には、半分上ばきが飛び出した状態での帰り道です。

これじゃあいかんと思い、
新たなシューズバッグを用意することにしました。
とはいえ、一から作る気にはなれずthink

で、以前コウスケ用に作った、マイバッグを少しリメイクすることにしました。
マチ幅を広くし、内側に大きなスナップをつけて、ハイ完成paper
046このバッグです。
0472足入れてもまだ余裕happy01
他の手提げ袋と同じ系統の布なので、統一感はなんとか保たれました。
これで、今週末からのくつの持ち帰りは心配いりません。

     boutique     boutique     boutique     

今日の帰りのことですが、
降園後に、門の横にある広場でいつものように遊んでいました。
コウスケはすべり台で遊んでいて、ハルキは芝生の上をハイハイしていて、
その脇で、母さんはケイトくんママとおしゃべりしていたのですが、
ふと気がつくと、コウスケの大声が聞こえてきます。
見ると、
すべり台をすべろうとしているコウスケの前を、
年長さんの女の子が逆走して、コウスケがすべられないように阻止していました。
上まで登ると、すぐにすべりおり、また逆走。
「コースケが、すべるんだから、どいてよーっ。」
とコウスケが訴えるのですが、ぜーんぜん無視。
「ちょっとあの子、ひどいよねぇ。」とケイトくんママも心配してくれました。
母さん、ここで2人に声をかけようかと思いましたが、
コウスケがこんなに立ち向かっていくのを見たのは初めて。
黙ってコトの経緯を見ることにしました。

まあ、親のひいき目もあるとは思いますが、
明らかに、その子はわざとやっているようにしか見えなかったです。
そして、すべりたいからどいてちょうだい、というコウスケの主張も正しいと。
すべるところは、2つ並んでいるのですが、
空いている隣じゃなくて、わざわざコウスケ側を逆走しているのですから。
その子が登りきったとき、
「はやくすべってよ。」
と後ろからコウスケがいうと、ひじてつをくらわしてからすべるという、
なんともな意地悪な様子。

そのうちに、お母さんが「帰るよ。」と呼びに来たのですが、
相変わらずコウスケがすべれないようにじゃましつつ、お母さんと何やら話してました。
お母さんも、その場の状態に気づいているようでしたが、
子どもには何も言わず、コウスケにも何も言わず、2人立ち去っていきました。

やっとすべれたコウスケ、すべった後、こちらに来て大泣きでした。
「コウスケ、よくがんばったね。
 コウスケが言うことが、正しかったと思うよ。
 ちゃんと言えたね。すごいすごい。」
とほめてあげました。
周りにいたお母さんたちも
「コウちゃん、がんばったね。」
と言ってくれ、ますます大泣きのコウスケです。

一泣きすると、落ち着いたようで、
園庭に行って他のお友達と遊んでいました。

以前のコウスケだったら、
そういう子がいたら、すごすごとすべり台をすべらずにハシゴを降りたでしょうし、
邪魔されても何も言えなかったか、泣いてヘルプを求めたでしょうが、
今日は、自分で立ち向かっていきました。
本当にびっくりし、そしてうれしかった母さんですhappy01

夜、夫からtelephoneがあったので、そのことを話すと、夫もとてもビックリしていました。
そして、「コウスケ、よくがんばったな、と伝えてくれ。」と。
コウスケ自身は、あまりこの話題に触れられたくなさそうなので、
もしチャンスがあったら伝えておくよ、と夫に話しました。

|

« 父戻る | トップページ | すみれちゃんごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父戻る | トップページ | すみれちゃんごっこ »