« 走る子 | トップページ | 作品集 »

2009.07.22

はしとスプーンとクーピーとうがい

コウスケは、いまだににぎりばし・にぎりスプーンですrestaurant
まあ、なんとか食べているから、いいかなーと見て見ぬふり(?)をしてきたものの、、
夏になり、麺類を食べる機会が増えてきて、にぎりばしではどうにも食べられないらしい。
矯正用のはしを買おうかなと思った時期は、
まだ右利きか左利きかがはっきりわからなくて、買わずにきてしまいました。

先日、ケイトくんが我が家でご飯を食べて行った時に、
ちゃんとおはしを使っていたのを見て、すごいねー、とビックリしていたら、
ケイトくんママが、しまじろうのDVDを見て正しくはしが持てるようになったとのこと。
そしてそのDVDを貸してくれたので、さっそく今日見ることにしました。

スプーンの正しい持ち方もやっていたので、
まずはそちらから。
DVDでは、右利き用として、手本を示す人は左手で実演していました。
そのままではわかりにくいようなので、
母さんが右手で同じことをして、鏡のように向かい合って練習。
スプーンはすぐに持てるようになりました。
続いてはし。
上のはし1本なら持てるし、上下に動かすこともできるのですが、
そこにもう1本足すと、思うようにはいかないみたい。
そりゃそうだよね。
少しずつ慣れていくから大丈夫、というと、
夕飯のときにはその形でおかずを刺していました。
だんだん上手になるといいね。

これと関係するのか、
クーピーや鉛筆で絵や字をかくと、ものすごく筆圧が弱いです。
「どこに書いたの?」というくらい。
持ち方は正しいのですが、指先でつまむようにして持ってかいているから。
これも、少しずつ強くなるかな・・pencil

結局のところ、コウスケはご飯と書くのは左手のようです。
はさみや包丁などの刃物類が右手なので、それほど困ることはないと思います。

そして、もう1つ。
コウスケは、うがいができません。
上を向いてガラガラガラ・・とするアレじゃなくて、歯みがきのあとのうがいも。
そもそも、口の中に水を入れておくことができないようです。
001口を閉じているつもりでも、
ダーダーと水が口から流れ出ているので、
うがいする前に口の中には水が残りませんcoldsweats02
歯みがき後も、口に水を入れた直後にピュッsweat01
・・というかダラー。

なので、お風呂で練習しました。
とりあえず、口の中に水をためておく練習から。
最初よりはためておけるようになりましたが、まだ半分は流れてます。
ブクブクと口を動かすのが難しいというので、
口に水を入れたまま上を向いて、アーと言わせると、ガラガラうがいが少しだけでき、
コウスケは感動していたようです。

そんな練習を見ている間に、ハルキはお風呂にもぐって遊んでいました。
ブクブクと出る息が、うがいと似ていると思ったみたい。
ハルキの方が、先に覚えるかも。
ちなみに、ハルキの鉛筆の持ち方はとても上手ですok

|

« 走る子 | トップページ | 作品集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走る子 | トップページ | 作品集 »