« それぞれの生活 | トップページ | すり鉢通過 »

2009.10.03

大逃走

大逃走
大逃走

第1・3土曜日の午前中は幼稚園の自由登園日です。夫も仕事でしたし、登園してきました。

園庭や広い遊戯室で遊んだみたいです。

迎えに行った時に、隣にいたママさんとお話しました。10月から転入したんです、って話すと、「もしかして☆☆組ですか?」と聞かれたのでYESと答えると、「○○コウスケくんですね!」と言われてビックリ。

たまたま同じクラスの方でしたが、普段はバス通園だそうで、コウスケのことを先生から直接お話を聞いたわけではなく、お便りに書いてあったわけでもないそうです。先生が子供たちに話し、家で子供たちが親に話すようです。

実は何人かのママさんにも「新しく入った○○コウスケくんですね。」って言われていました。ちゃんとフルネームで覚えていてくれているのです。先生が子供たちに何度も話してくれていたのかなーとうれしくなりました(^-^)

お昼を食べてから、石筵ふれあい牧場へ行きましたU^ェ^U

市内も肌寒かっただけあり、山の方はかなり冷えてきていました。が、そんなの関係なく遊んできました\(^O^)人(^O^)/

鯉にエサをあげては水をかけられ、面白自転車に乗っては太ももがピキピキし(ホント、効きます)、乗馬に誘えばコウスケにもハルキにも断られ・・つつも楽しく過ごし、じゃあ動物でも見に行こうということになりました。

ウサギとのふれあい広場に入ることになり、ウサギが怖いコウスケは柵の外にいました。

ハルキがウサギを追いかけて遊んでいると、入口から「あ、ウサギが逃げた!」との声が。

ウサギが外に出ないよう二重入口になっている、その2つの入口の間に半脱走していたウサギが、だれかが入口を開けた時に出てしまったらしい。

あろうことか、ウサギが勢いよく走る先にはコウスケがっ(*_*)

「ギャーーーッ。」と泣いて逃げるコウスケ。

そりゃそうだ。ウサギが嫌で外にいたのに、自分に向かってウサギが猛走してるんだもの。しかも一番大きなウサギ。

というか、ウサギはコウスケに向かって走っているわけではないんですけどね。

コウスケのところに行こうと思っても、入口の間にはあと4羽のウサギがいて、母さんが外入口を開けたら、ウサギも出てしまうのは目に見えています。

近くにいたおばさんがコウスケを落ち着かせてくれ、ウサギが出ないチャンスを見計らってやっと外に出られました。

脱兎はスタッフ2人のはさみうちで捕獲され、ブルブル震えていました。

コウスケくん、ついてなかったね(-_-)

「もうかえる。」というコウスケを、持ってきていたオヤツでなだめ、ピキピキの足でもう一周自転車に乗ったら、ゴキゲンになりました。

夜、夫に「明日どっかいきたいとこある?」と聞かれ「あしたこそ、ぼくじょうにいきたい。」と答えるコウスケ。

今日はいったい・・

|

« それぞれの生活 | トップページ | すり鉢通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれの生活 | トップページ | すり鉢通過 »