« 緑化実践 | トップページ | 秋の開成山 »

2009.10.15

実はブランコも苦手

幼稚園にお迎えに行くころは、汗ばむほどの気候で、外で遊ぶにはもってこいgood
コウスケもそう思ったようで、降園後に園庭で遊ぶことにしました。

同じクラスの女の子たちに声をかけてもらい、
ブランコ・鉄棒・小すべり台のある方へ一緒に向かいました。
着いたとたん
「コウスケくんママ~、ほらみて、こんなことできるんだよ。」
と片足を鉄棒にかけてぐるぐる回ったり、
「この鉄棒やりたいから、そこまで抱っこして。」
と言われて、抱っこして高い鉄棒まで持ち上げると、
そのまま前回りをしたり、
みんなすごーいですshine
コウスケは、ハルキやほかの小さい子と一緒に小すべり台をしていたので、
「コウスケくんも、一緒に鉄棒やろうよ。」
と声をかけられたところ、
「てつぼう、やらないーーっ。」

コウスケは、低い鉄棒にぶらさがって「ほら、こんなことできるよ。」というレベル。
以前あるお母さんが「ほら、このまま前に身体を倒してごらん。」と抱っこしてくれたら、大泣きしていました。
転入当初から思っていたのは、
この幼稚園の子は、運動神経がいい子が多いです。
うんていとかすいすいやってます。
「そんなとこから?」という高いところから、ぴょんぴょん飛び降りています。
「みんなができることは、自分もやってみたい。」のだそうです。

いや~、ほんとすごいね。

母さんも、こういうのはあまり得意ではなかったし、
人それぞれだとは思うけれど、
コウスケも怖がらずにいろんなことにチャレンジしてほしいなぁ、と思うのです。
今日の日中も、クラスの子はみんなアスレチックに行ったのだけど、
コウスケはアスレチックが怖いらしく、
先生の誘いも断って、1人で教室で遊んでいたらしい。

仙台の幼稚園のときも、
なかなか遊具で遊ぶことができず、転園間際にやっとできるようになったんだっけ。
今度の幼稚園でも、徐々に慣れていけるといいね。
お友達たちが、また誘ってくれるといいな。

ハルキは、さっそく幼稚園の女の子たちのアイドルになりつつあります。
今日も数人の女の子たちにあっちこっち連れまわされて、
気づけばブランコに乗せられて前後に揺れていたし、
またそのあとで気づいた時には、みんなに促されてジャングルジムの中を迷路のようにして進んでいました。

|

« 緑化実践 | トップページ | 秋の開成山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑化実践 | トップページ | 秋の開成山 »