« 凍結の上を | トップページ | うちのアルバムも作らねば »

2010.02.08

加減が難しい

昨日までの雪は溶けたり凍ったりで、
かなり不安定な足元ですwobbly
幼稚園に行くとき、コウスケはスノーブーツを履いていったのに、
すっかりズボンまで雪しぶきが飛び散っていますsweat01

まあ、コウスケは転ばないように気をつけて歩くのでいいのですが、
問題はもちろんハルキです。
雪でも氷でも関係なく、
「ユキ、イーーッパイ!」
と走っていきますrun
危ない~。
基本的には、手をつないで歩くようにしているのですが、
先日の脱臼の一件があってから、
手のつなぎ方に迷いが出るようになった気がします。

よく、ひじから先を持つと脱臼しやすいから、肩のあたりを持つように言われますが、
歩いていて手をつなぐときは、やっぱり手を持ってしまいます。
手をつないでいるときに、急に引っ張ったりしなければいいのでしょう。
だけど、小さい子って突然走り出したり、手をつないでいても転んだりしますからね・・。
難しいです。
かといって、常に抱っこし続けるのもねぇ。

今日も幼稚園の敷地で、ハルキが急に走り出したので、母さんも一緒に走ったところ、
すべって転びそうになりました。
ハルキよ、なぜすべらない?器用だね。

100208_195506_2寝る前に、布団の上で闘いごっこをするのが
子供たちの日課です。
「きょうも、たたかいしよう!」
「ハッチャン、カカカウ!」
かなり激しいです。
どうか脱臼しませんように・・。

|

« 凍結の上を | トップページ | うちのアルバムも作らねば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凍結の上を | トップページ | うちのアルバムも作らねば »