« 次は半年後 | トップページ | 便乗させてね »

2010.04.15

あと100年

本当に寒いですね~snow002

コウスケの登園用に制服の上からはいていた暖かいズボンを、また出してきましたdenim
天気のいい日や暖かい日は、スイミングも歩いていきますが、帰りに身体が冷えるので、今日は車で行きましたrvcar

車乗って早々、
「ねえ、おかあさん。
 ひとは、いつまで、いきてるの?」

また難しい質問だ。
「コウスケとかハルキとか、あとみんなが何歳まで生きるかってこと?」
「そうだよ。」
「んー、難しいねぇ。
 だいたい、おじいさんおばあさんになるまで、生きることが多いと思うよ。」
「それって、なんさい?」
「わかんないけど、80くらいじゃない?」
「そっかぁ。」
「コウスケは、何歳まで生きたいの?」
「105さい。」
「じゃあ、きっと105歳まで生きるんじゃない?」
「コウスケ、105さいのとき、どのくらいおおきくなるかな。」
「歳をとると、なんと!また小さくなってくんだよねー。
 おおきいばあば(母さんの祖母)、86歳だけど、お母さんより小さいでしょ?」
「ちいさいね。」
「前は、もう少し大きかったみたいだよ。」
「じゃあ、105さいになったら、コウスケ、どのくらいちいさくなるの?」
「どのくらいだろうね。」
「カブトムシくらいかな。」
「そしたら、カブトムシと一緒に遊べるね。」
「ハッチャン、テントーッチ。」
「じゃあ、ハッちゃんは、テントウムシくらい、ちいさくなるかもしれないね。
 ・・そのとき、コウスケはまた0さいになるの?」

「ならないよ。105歳だけど、身体だけ小さくなってくんだよ。」
「また、あかちゃんになるの?」
「まあ、子供年寄りとはいうけど、赤ちゃんになるわけじゃないんだよね・・。」

ここで、スイミングに到着。
この間、約5分watch

帰り道。
「コウスケ、こんどの6さいのたんじょうびに、また0さいになるかなー。」
「ならないよ。」

コウスケが老人になるころには、
もっと医学も薬学も進んで、もっともっと長生きできるんだろうね。

|

« 次は半年後 | トップページ | 便乗させてね »

コメント

うちも同じような会話をした事があるーー(笑)
子供って、やっぱり「年が上がるにつれて、身体がどんどん大きくなる」と思っているみたい(苦笑)
「100歳になったら、アクトより大きくなる?!」
・・・・って、それじゃあゴジラだよ;と。
そして、お母さんもまだまだ大きくなると思っているみたいー(^^;
もうこれ以上、大きくなりませんからっ(苦笑)

投稿: くみこ | 2010.04.15 22:43

buildingくみこさん
そうだったのね~。
子供が一度は考えることなのかしら。
まさか、大きくなるのに、背が小さくなるとは、思いもしないんでしょうね。
よーし、こうなったら2人で名古屋のツインタワー目指しましょうかcoldsweats01

投稿: Ayumi | 2010.04.16 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次は半年後 | トップページ | 便乗させてね »