« 朝のスイーツ | トップページ | 園服 »

2010.10.24

パワースポットへ

先日、国内のパワースポットの本を読んでいたら、
福島県のNO.1パワスポは、霊山(りょうぜん)というところらしい。
初めて聞く名前だなぁ、と気になっていましたが、
どうやら、県内の紅葉スポットでもあることが判明しましたmaple
ますます気になる~。

・・と思っていたところ、
今日仕事が休みの夫が、どこか紅葉でも見に行こうか、と。
これは、霊山しかないでしょsign03

前置きが長くなりましたが、
今日は、霊山に行ってきました。
ただ、登山はしないですし、紅葉を見るだけでは子供たちが飽きてしまうので、
霊山のふもとにある、霊山こどもの村に行きましたrvcar

010_2

009

写真が下手ですみませんsweat01
両写真とも、後ろの岩山が、霊山です。
登山するときは、いろんな岩を見て回るのだそうですfuji
紅葉は・・左写真のとおりです。色づき始めですね。

007

霊山こどもの村は、
山を少し切り開いた感じのところにあるので、
歩道も緑がとってもきれいです。
かなり急な坂道でしたが、
コウスケもハルキも、走って登りました。

山の斜面を使った、長ーいすべり台もあり、
コウスケは見つけたとたんにすべっていましたが、
また上まで戻ってくるのが大変そうでした。

013

015

村の中央部に、この超幅広すべり台がありました。
コウスケもハルキも、すっかり夢中です。
すべったあとは、中央の階段で上まで登るか、
このすべり台の横にある、岩の通路(右写真)で登ります。
通路もあるけれど、直接岩を登ることもできる、面白コース。018

コウスケ、意外にも最初から岩を登ってきました。
かなり急なコースだったので、
夫も母さんもビックリ。
ハルキも登りたがりましたが、ちょっとムリでしたので、うねうねと岩山道を登ってきました。

あとで気がつきましたが、
この岩は『リトル霊山』と名付けられていました。





屋外施設は、これ以外にもたーくさんありましたが、
途中からすっかり夢中になってしまったのが、
屋内施設『遊びと学びのミュージアム』。

ちょうど、ワークショップで、自然のものを使ってカードを作ろう、というのがあり、
4人で参加しました。

020中央に、大きな両面テープが貼られた台紙に、
葉っぱや木の実などを貼りつけ、
そのあと、おがくずを上からかけると、
両面テープの何も貼られていない部分におがくずがついて、それでできあがり、というもの。

左上より時計回りで、
魚(夫作)、ちょうちょ(コウスケ作)、ライオン(ハルキ作)、うさぎ(母さん作)
夫とコウスケのは、すっきりまとまっているし、
ハルキのはダイナミックでこれまたいい感じ。
迷いに迷って時間がかかったあげく、一番ヘタっぴなのが母さんのうさぎですdown

他にも、

019_2

023

広ーいフローリングの部屋に、木のおもちゃがたくさん置いてあり、
壁一面に、いろんなジャンルの絵本が置いてある部屋とか(しかも床暖)、
ヨーロッパのテーブルゲームが何種類もあって、自由に遊べる空間とか、
動くアニメーションを作れるところとか、
科学実験のようなことができるところとか、
コウスケとハルキ、すごく好きそうだなーと思ったら、やっぱり夢中でした。
ハルキが木のおもちゃで遊んでいる間に、
コウスケは、動くアニメーションを作っていました。
テーブルゲームは、ハルキができるものがなかなかなかった中、
HABA社のスティッキーが、単純ながら・・単純だからこそ面白く、
何度も何度も4人で遊びました(写真右)。

ここだけで、1日過ごせそうhappy01

遊び足りないけれど、そろそろ帰る時間になり、
もう一度、さっきのすべり台を何回かすべってから帰りました。
結局、全部は見切れなかったsweat01

ここまで来るのに2時間近くかかるうえ、途中からは細い山道が続くので、
じゃあちょっと遊びに行こうかー、と簡単に来られる場所ではありませんが、
家族4人ともすっかり気に入ってしまったので、
また今度遊びに来てみたいです。

たくさん遊び、きれいな自然の中で過ごせて、それだけでもパワー充填rock
霊山のパワーも、きっと吸収(?)していることでしょうfuji

|

« 朝のスイーツ | トップページ | 園服 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のスイーツ | トップページ | 園服 »