« カラフル恐竜 | トップページ | お遊戯会、でした »

2010.12.11

実験者

今日は、朝からムシテックワールドへ。
しょっちゅう行っていますが、
工作プログラム・実験プログラムの内容が週替わりなので、
何回行っても楽しいhappy01

まずは、モールとフェルトを使った、ミニリース作りxmas

001

002

黄緑のシールで輪っかの土台を作った後、
リボンや切り取ったフェルトを貼っていきます。
コウスケは自分なりのテーマに添って、切ったり貼ったりしていますが、
ハルキはもちろん、気の向くまま。
ハサミ使いも、おー怖いhairsalon

007

009

定員制のプログラムでは、
フェルトを使ったマスコット作りです。
綿状のふわっふわのフェルトを、小さなプラスチックカップに入れて、
4本針のニードルで、延々とつっついていると、
だんだんフェルトが硬く&丸くなってきます。
そこに、色付けしたいフェルトを、今度は1本針のニードルでつっついて、
貼りつけていきます。
右上より、ボール(ハルキ作)、サッカーボールの予定がサイコロ(コウスケ作)、
ミカンの予定が柿(母さん作)です。



子供たちが参加できる、サイエンスショーも見てきました。
今日のテーマは、『電気と磁石』。

最初に、乾電池の構造を説明してもらい、
それと似たものを作って、電気が発生するかの実験。
種類の違う2枚の金属板を電解水に入れて、つないだプロペラが回るかどうか、です。
いろんな電解水で実験することになり、
「じゃあ、まず、塩水でやってみましょう。やってくれる子?」
「ハーイ!」
たくさんの子が手を挙げるかと思ったようで、元気に手を挙げたコウスケpaper
ところが、一番大きい声だったのがコウスケで、早々に指名されました。
自分でも、ちょっと戸惑っていた様子sweat02

003

006

スクリーンに大きく映し出されました。
「お名前は何ですか?」
「○○コウスケです。」
「じゃあ、コウスケくん。この水に好きなだけ塩を入れて、塩水を作ってくださいね。」
言われたとおり、塩水を作り、2枚の金属板をそこにつけると、
ゆるゆるとプロペラが回りましたrecycle
「ごくろうさま。じゃあ、みなさん、大きな拍手を!」
コウスケ、ごくろうさまhappy01

そのあと、電磁石の実験。
電磁石同士をくっつけて、手で引っ張って離れるかどうか。
「じゃあ、これやってくれる子?」
「ハーイ!」
「じゃあ、そこの小さい子、お願いします! 念のためお母さんも一緒にいいですか?」
ハルキ、指名されました。 
「お名前は?」
「○○ハルキ、ですっ!」
「ハルキくん、この磁石を取る自信はありますか?」
「はーい。」
会場から笑いが。
まあ実際は、この磁石の力は60kgあるので、ハルキには離すことはできません。
それでも、左右に引っ張り、上下に引っ張り、斜めにしてみたり、
エキスパンダーをやっているように見えて、
会場から笑いと拍手をいただきました。

「ハッちゃん、しっぱいしちゃった・・。」
と落ち込んでいるハルキ。
でも、その次に、小6の男の子がチャレンジしても、離れなかったのを見て、
「あんなに、おおきくても、しっぱいしちゃったね。」
011と、あきらめがついたみたいです。

008

家に帰り、ミニリースを飾りました。
まだ、全然クリスマスの飾り付けをしていませんでしたが、これを機会にツリーも出すことに。
2年ぶりのツリーですxmas

|

« カラフル恐竜 | トップページ | お遊戯会、でした »

コメント

モールでリースかわいいですね。やってみようかな。さっちんにもできそうだしhappy01
そしてマスコットは羊毛フェルトですね。実は今やりだそうかと思っている羊毛フェルトマスコット。かわいいんですよねぇ。図書館で本を借りたいのですがなにせRuくんが今図書館連れて行くと大変でsweat01まったく自分の物が探せません。

実験のお手伝い2人とも選ばれるなんてすごーい。楽しく学べていいですねpencil

投稿: kiyo | 2010.12.11 22:05

artkiyoさん
リースは、同じ長さのモールを2本用意して、まず1本を2周の輪にして、もう1本をそこにぐるぐる巻きつけました。
そうそう、羊毛フェルト、っていってました。初めて触ったんですけれど、いろんなものが作れるんですね。
楽しかったですheart04
今の季節、いいですよねxmas

投稿: Ayumi | 2010.12.13 06:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラフル恐竜 | トップページ | お遊戯会、でした »