« 赤いななめがけ・しかもシンプル | トップページ | 氷山と脱マニア »

2011.01.13

大きくて怖いもの

毎日寒いですねsnow
郡山は連日、真冬日になるかならないかの瀬戸際が続いています。
最低気温もたいていは-5℃前後で、
天気予報を見るたびに、コウスケとヒャーヒャー騒いでいましたが、
県内の山間部にある南会津というところは、
最低気温が、-18.7℃だったってsad
それに比べれば、-5℃なんてなんてことない・・というわけでもないよ~snow

001

陽が出ていたので、洗濯物を外に干したところ、
全部凍っていました。
日陰ならともかく、日なたなのにねsun

でも、この寒さのおかげで、
幼稚園の駐車場のすみにある雪の山(駐車場の雪かきをした雪を集めたもの)が全然とけていなくて、
子供たちにとっては、絶好の遊び場です。
毎日、手袋がぐしゃぐしゃになるほど遊んでいます。

         night         night         night

小さいころの母さんがどんな子だったかは、自分ではあまりわかりませんが、
臆病だったのは確かです(今もそうだけど)。
そして、この臆病さ、コウスケにばっちり遺伝していますgemini
なんていうか・・怖いと思うものが似ているといいましょうか。

夜、布団に入るとすぐに寝てしまうことが多いコウスケが、
なかなか寝付けない様子。
「コウスケ、どうしたの?眠くない?」
と声をかけると、
「おかあさん・・・うちゅうって、こわいよね。」
と、まったく予想外の返事。
でも、母さんこの気持ちがよーーくわかる。
「コウスケもそう思う?
 実はさ、お母さんも、宇宙ってちょっと怖いんだよね。」
「でしょ?
 それをかんがえていたら、ねむれなくなっちゃった。」

「へー。
 宇宙の何を考えていたの?」
「とくに、なにってわけじゃないんだけどね・・。」
「まあ、コウスケやお母さんが宇宙に行くことはまずないし、
 万が一あったとしても、みんなで行けば楽しいんじゃない?」
答えになっているかどうかわかりませんでしたが、
コウスケは眠くなってきていたのか、納得してじきに眠りましたsleepy

実は、母さんは大人になった今でも、宇宙は怖いです。
何で怖いかというと、
空間に限りがないからです。
他に怖いものは、時間と数字。
どちらも、始まりも終わりもないので、そのことがとても怖い。
それに気がついたのは、大人になってからです。
コウスケも、同じ理由なのでしょうか。
それとも、子供にとっては謎が多いからでしょうか。

夫にこの話をしたところ、やっぱり気持ちがわかるって。
そして、
「そんなことを考えるようになったんだなぁ。」
とうれしそうでした。

|

« 赤いななめがけ・しかもシンプル | トップページ | 氷山と脱マニア »

コメント

同じようなことを考える人がいるものだと思いました。トンちゃんのとうちゃんは大学へ行くとき天文学の方面に進もうかと思ったことがありましたが、無限に続く時間の意味を考えたら不安になりやめました。空間を平面、時間を直線のイメージで考えるから、その先に何があるかと考え不安になるのではないですか?空間は球面、時間は円と考えれば無限と思っていたことが案外有限かもしれません。仏教、ヒンドゥー教義の前提となっている輪廻思想も昔の人が同じようなことを考えたので、生まれたのかもしれませんね。見方を変えれば恐れが楽しいことや希望に変わるかもしれません。

投稿: トンちゃんのとうちゃん | 2011.01.14 13:12

nightトンちゃんのとうちゃんさん
>空間を平面、時間を直線のイメージで考えるから・・
のくだりには納得です。
まあ、コウスケが怖いと思う理由はわからないし、聞くのもかわいそうなので、あえて聞いていませんが、
理由の1つは『遺伝』ということかもしれません。

投稿: Ayumi | 2011.01.16 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いななめがけ・しかもシンプル | トップページ | 氷山と脱マニア »