« 近くの復興 | トップページ | かわいい先生 »

2011.06.09

懐メロ

毎朝、バタバタと登校していくコウスケの代わりに、
ハルキが朝顔に水をかけてくれています。
「おおきくなーれ、おおきくなーれ。」
と、一生懸命声をかけています。

002_2

003

コウスケの朝顔(白い鉢)は4枚目の葉っぱが、
ハルキの朝顔は3枚目の葉っぱが出てきましたbud
そういえば、二葉と、それ以降の葉っぱは、形が違うんだったっけな・・と、
思い出しました。

「あ、またはっぱのあいだに、みどりのがでてきたよ。」
「ほんとだね。」
「どこまでおおきくなるのかなぁ。ハッちゃんより、おおきくなる?」
「どうかなぁ。楽しみだね。」
どんどん、大きくなーれ。



ハルキ、コウスケのスイミング中に、ずっと歌を歌っていました。
最初は、仮面ライダー電王とか、手紙 ~拝啓 十五の君へ~ などを歌っていたのが、
突然
「つーめてぇな つーめてぇな
 こーこーはじょうしゅう くーさーつーのゆー ♪」

と、『いい湯だな』を歌い出して、Ehon8169_2
周りのお母さんたち、みんなクスクス笑っていました。

どうして、そんな歌を歌えるかというと、
先日借りた、この本のおかげ。
 『いっきょく いきまぁす』 長谷川義史 著
家族でカラオケに行った話で、
いろんな歌謡曲が出てきます。
いい湯だな・神田川・どうにもとまらない・津軽海峡冬景色など、子供向けの絵本とは思えない選曲です。
でも、子供たちに読んであげるときに、
この歌詞をただ読むだけということもできず、
ついつい熱唱してしまう母さんです。

「お母さん、カモメのうたをうたって。」
とコウスケにリクエストされて、
それが、津軽海峡冬景色だとわかるのに、時間がかかりました。

この方の絵本は、子供子供していないところがとても気に入っています。

         cloud         cloud         cloud

支援物資の衣類関係は、開店休業状態です。
昨日届いた下着は、昨日の午後の早い時間で全部なくなったらしい。
衣類は、支援物資のあるホールの中でも、一番奥です。
『この先、子供服しかありません』
って、看板をかけておきたいくらいです。

今日も、幼稚園の物資を持って行きました。
バスタオルが主でしたが、
普通に並べておくと、すでに持っている人がまたもらっていって、
なるべく多くの人に行き渡らせることができないので、
受付で管理することになりました。

一緒に探してあげられる服もないし、他の女性ボランティアがだれもいなかったしで、
今日は、一人で黙々と子供服の整理をしていました。

004

005

普段のお昼の配給は、
コンビニのおにぎりとパン・サラダ・飲むフルーチェです。
今日は、全国あちこちの駅弁が40種類近く届けられて、
これが今日のお昼の配給だそうです。
テレビ局のカメラも、たくさん来ていました。
「○○さん(母さんの苗字)も、午後までボランティアしていったら?
 珍しい駅弁食べられるよ。」
非常に心惹かれましたが、お昼で帰りましたcoldsweats01

|

« 近くの復興 | トップページ | かわいい先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近くの復興 | トップページ | かわいい先生 »