« すいすいすーい | トップページ | 弟はカマちゃん »

2011.07.11

順序が逆

午後になると、コウスケの机は陽が射して暑いので、
宿題はダイニングテーブルですることが多いです。
別に、ダイニングテーブルを使うのは全然構わないんだけど、
何か、日差し対策・暑さ対策をしてあげないと・・ですsun

002 「今日からね、しゅくだいのプリントが2まいだよ。」
「じゃあ、国語と算数?」
「うん。
 さんすうのプリントは、○○小(郡山の小学校)で
 つかってたのと、同じのだよ。」


国語の宿題は、濁点のついたひらがなの練習、
算数の宿題は、数直線と、11~20の数字、です。
あとは、
毎日の音読と、計算カード(足し算・引き算)。

「あ、あとね。
 こくごのきょうかしょ、あたらしいの、もらった。」

郡山の小学校と、仙台の小学校、
唯一教科書がちがったのが、国語でした。

こちらにきて、ちょうど始まった国語の単元は『おおきなかぶ』。
これは、コウスケが持っていた教科書にも載っていて、
ちょうどよかったね、と思っていたら、
「ぼくのおおきなかぶは、ちょっとみんなのと、ちがうんだよ・・。」
確かに、音読を聞いていると、何か違和感がありました。

たとえば、おじいさん、おばあさん、まご・・・がかぶをひっぱるところの記述が、
コウスケの持っていた教科書は、
 『かぶを、おじいさんがひっぱって、
  おじいさんを、おばあさんがひっぱって、
003
  おばあさんを、まごがひっぱって、
  うんとこしょ どっこいしょ・・』

になっていました。
新しい教科書は、
 『まごが、おばあさんをひっぱって、
  おばあさんが、おじいさんをひっぱって、
  おじいさんが、かぶをひっぱって、
  うんとこしょ どっこいしょ・・』

順番の違い、わかりますか?

我が家にあるおおきなかぶは、うちだりさこ訳/さとうちゅうりょう画 ですが、
新しい教科書も、この2人の訳・画です。
今日の音読は、聞いていてすーっと耳に入ってきました。
コウスケの音読を聞きながら、ハルキも家にある絵本を見ていました。

「お母さん、だいはっけん!
 前のきょうかしょより、こっちのきょうかしょのかぶの方が、もっと大きい!」

それは気がつきませんでした。




今日で4ヵ月。
この11日を意識しないでいることはできません。
夫も母さんも、誕生日が11日なので、なんともいえないところです。

|

« すいすいすーい | トップページ | 弟はカマちゃん »

コメント

これ見て、我が家の教科書も確認しましたpaper

そしたら・・・おじいさん→孫の順番でかぶを引っ張ってましたpaper

違うんですなぁ・・・考えもしなかった!

投稿: きのこぼうず | 2011.07.14 21:02

bookきのこぼうずさん
ピンクのゾウが表紙の教科書ですか?
浜松の友達と、仙台の昔の友達がそれを使っていましたが、それが、郡山時代の教科書です。
おじいさん→孫 バージョンです。

ぼんやり聞いていると、
あれ?今回はどこまでつながるんだ? とconfident

投稿: Ayumi | 2011.07.15 07:04

そうそう!ピンクのゾウ!

投稿: きのこぼうず | 2011.07.15 13:26

bookきのこぼうずさん
おぉ、ビンゴ!

投稿: Ayumi | 2011.07.16 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すいすいすーい | トップページ | 弟はカマちゃん »