« ケチケチ | トップページ | 母同伴は »

2011.08.26

勝手にコール

昨日ハルキが受話器を持って、ゴニョゴニョ話しているのを何度か見かけましたtelephone
あとになってわかったことは、
ばあちゃんのところに遊びに行っていいか、電話していたらしい。

1回目は留守電、
2回目はばあちゃんと話したようで、
突然、
「おかーさん、ばあちゃんだよ。」
と突然受話器を渡され、
あれ?ばあちゃん??電話鳴ったっけ???と思いつつ電話を変わると、
「明日、うちにいるから、遊びにきていいよ。」
と。
徐々に事情がわかってきました。

短縮を覚えて、それで自分でかけたようです。
やるな、ハルキ。

110826_100343000_2

で、今日も、ばあちゃん家に行く支度をしていると、
「ばあちゃん、うちにいたから、もういこうよ。」
と、またまた電話して、ばあちゃんの在宅を確認したらしい。
さすがだ、ハルキ。

雨なので、自転車はやめて歩いて行きました。
お昼にパンでも食べようと思い、
母さんはホームベーカリーと材料を持って行きました。
・・持って歩いて行けるほどの距離ですsoon
コウスケが帰ってくるギリギリの時間まで、
ばあちゃん家でのんびり過ごしましたwink

         book         book         book

普段なら、本を読んであげた後に即行で寝てしまうコウスケですが、
今日は珍しく、
「明日は休みだし、今、すごーく本がよみたい。」
というので、
布団を出て、2人でずっと本を読んでいました(ハルキはすぐ寝た)book

コウスケが読んでいたのは、今日もかいけつゾロリシリーズ2冊。
好きだねぇ・・。
そして母さんが読んだのは、
『葉桜の季節に君を想うということ 著:歌野晶午』
タイトルを見て、ラブストーリーかと思いきや、
思いっきりミステリーでした。
数年前に、ミステリ大賞などを総なめしたんだとか。知らなかった。
メインのストーリーの中に、いろんなトリックがあって、
最後に、「そうだったのかーーーっ!」
面白かったです。
440ページ近い長編で、2日がかりでしたが、
コウスケのおかげで、今夜読み終わることができましたnotes

|

« ケチケチ | トップページ | 母同伴は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケチケチ | トップページ | 母同伴は »