« 勝手にコール | トップページ | 手のひらサイズ »

2011.08.27

母同伴は

3週間ぶりのスイミングfish
ハルキ、更衣室でものすごくテンション低くて、
「ハッちゃん、こんにちは~。」
と先生が声をかけてくれた横を、
亡霊のようにすーーっと通り抜けていきましたdash
先生、苦笑いcoldsweats01

でも、いざスイミングが始まったら、
準備体操も泳ぐのも、とても楽しそうnotes
大きい男の子が2人、同じクラスにいて、
その子たちの間に座っては、3人で何か遊んだりしてました。

コウスケも、いつもどおり淡々とまじめに泳いでいました。
違う小学校の同じくらいの歳の子と仲よくなったようで、
泳ぐ順番を待っているときに、
楽しそうに話しているのが見えましたeye




そんなスイミングの帰り道。
夕飯の買い物をしに行き、店を出ようとしたら、
店に入ってきた、同じクラスのクラスのユウキくん&ママに会いました。
確か、ユウキくんは夏休みのプールが同じグループだったとかで、
結構仲よく遊んでいたって言ってたっけな。
「あ、ユウキくん!」
と声をかけるコウスケ。
すると、ユウキくん、チラッとコウスケの顔を見て、一瞬にこっとしたものの、
そのまま行ってしまいました。
「ユウキ、バイバイは?
 ・・ごめんねー、あっち行っちゃって。」

「コウスケとユウキくん、仲よかったよねぇ?」
「一番のなかよしじゃないけど、まあまあなかいいよ。」
「さっき、そのまま行っちゃったね。」
「多分さー。
 向こうもこっちもお母さんがいっしょだったから、はずかしかったんじゃない?」

ほー。
そういうことを言うようになってきたのねconfident

「コウスケも恥ずかしかった?」
「ぜーんぜん。」
あら、ありがと。

|

« 勝手にコール | トップページ | 手のひらサイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手にコール | トップページ | 手のひらサイズ »