« 家庭訪問Ⅱ | トップページ | 39w3d »

2012.04.25

お酒が飲みたい

昨日、夕ご飯を作っているときに、
使っていたお酒が切れたので、新しいのを出しました。
ちょっと前に、日本酒をいただいたのですが、夫も母さんも飲まないので、
それを次の料理酒に使うことに。

お手伝いしていてくれたコウスケとハルキが、
「なになに、それ~。」
「お酒だよ。」
「ちょっと、においかがせて。」
「いいけど・・イヤなにおいかもしれないよ。」
するとハルキ、
「なんか、あまくて、ちょっとパンみたいなにおいで、オレこのにおい、すき!」
「俺はやだなー。」
「ちょっとのんでみたいなー。」
「ハルキ、このお酒は、大人じゃないと飲めないんだよ。
 あと16年待ちなさい。」
「オレがのめるおさけ、おみせにあるじゃん。」
・・多分、ノンアルコールのことでしょう。
「あれは、お酒じゃないみたいだけど、大人が飲むんだよ。
 だいたいねぇ、お酒ってピリピリするのが多いから、
 ハルキ、あれ飲めないでしょ?」
「ピリピリしないのも、さがせばあるんじゃない?」
「ピリピリしない子供用のお酒なんて、ジュースじゃないの?」
「さがせば、きっとある!」

ハルキ、以前からお酒に興味深々です。
ビールを飲んでいるときは、
「ハッちゃん、どのくらいおおきくなったら、ビールのめるの?」
と真剣に聞いてくるし、
ハルキの七五三のお返しにワインを買いに行ったときは、
「これはビールじゃないから、もしかして、こどもものんでいいんじゃない?」
と目を輝かせたり。
大人たちが、おいしそうに飲んでいるのを見て、
さぞかし美味だろうと思ったのでしょうかね

昨日、布団に入る前にも、
「おかあさんに、ちょっとおねがいがあるんだけど。」
「何?」
「おとうさんにメールして、
 かえってくるときに、こどもがのめるおさけをさがして、って、いってくれない?」

なかなか、しつこい。
「じゃあ、お父さんにメールしてみるけれど、
 帰るの遅いし、見つからないと思うから、そうしたらあきらめてよ。」
「わかった。」

夫の帰宅後にそんな話をして、
朝、子供が飲めるお酒はないんだよ、と夫からも話してもらい
しぶしぶ納得した様子。
「でもねー、みんなハルキが大きくなって、一緒にお酒飲むのを楽しみにしてるから、
 そうしたら、たくさん飲もう。」
「うん!」
実際、ハルキは相当飲めるようになりそうな気がします


ところで、日本酒を使って作ったゆうべのメインは、
手羽先のグリル焼きでした(しょう油・酒・はちみつ・ニンニク・ごま油に漬け込んだ)。
コウスケ、けっこう好きなんです。
でも、昨日は全然食べる気配がない。
「おいしくなかった?」
「・・前歯がなくて、お肉がかみ切れない
あーそうだったー。ごめんよ
「にぃ、たぶんとうもろこしもたべられないね

                           

近所の桜がほぼ満開なので、
幼稚園の帰り道、ちょっと回り道して、お花見をしてきました

Dsc00387_2

Dsc00388_2

お昼ごろからちょっと肌寒いんだけど、
園服は脱いでいます。


桜の下をずっと歩いた後で、
開いている場所にシートを敷いて、おにぎり&野菜ジュースという簡単なお昼を
風が吹くと、花びらがひらひら落ちてきて、
風情ある中で、春の一時を楽しみました

中には葉っぱが出始めている木も。
桜の季節って、ホント一瞬ですね・・。

|

« 家庭訪問Ⅱ | トップページ | 39w3d »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭訪問Ⅱ | トップページ | 39w3d »