« 夜の動物園 | トップページ | 追い込んだのは »

2012.08.25

デイキャンプ

1コウスケの小学校で、
お父さんたちの有志で作られている会が主催するデイキャンプがあったので、
5人で参加しましたrun

14時開始。
暑い中、たくさんの荷物を持って、学校まで行きました。
参加者は、12つの班にわかれて、キャンプを楽しみました。

最初はスイカ割りimpact

23

各班、小さい子から順番にスイカを割りました。
うちの班の一番小さい子はハルキ。
「まえだよー。まえまえまえまえ・・。」
とみんなが声をかけてくれましたが、慎重に慎重にすり足で進むハルキsnail
おかげで、見事命中paper
5番目にやったコウスケも命中しましたshine

スイカを食べやすく切ってもらっている間は、プール遊びですsweat01

5_34_2

コウスケは水色帽子、ハルキは黄色帽子。
ハルキ、足をつけると全部沈んでしまう深さですが、
なにせ小学校の大きいプールに入れたことがうれしくて仕方がないようです。
ハルキの付き添いで夫も入ったんですが、
コウスケのお友達たちが、夫の肩や腕にしがみついて遊んでいて、
ハルキをコウスケが背負っていてくれたこともcoldsweats01

夫、相当疲れてプールから上がりました。

そうそう。
先生チームvsお父さんの会vs高学年男子vs高学年女子 のリレーもやりました。
校長先生、ものっすごく泳ぐのが上手です。
先生チーム、優勝しましたcrown

プールから出てスイカを食べた後は、
今日のメイン、サバメシです。
サバメシとは、サバイバルメシタキ の略なんだそうです。

6アルミ缶を1人2つ用意して、
1つは空気穴や燃料を入れる穴を開けてコンロとして使い、もう1つはお釜として使います。
牛乳パックを短冊状に切ったものを燃料にします。

コウスケ、今まで缶切りを使ったことがありませんでしたが、いい機会なので、この缶のふたを切り取るときに、コウスケにもやってもらいました。
最初はうまく切れなかったのが、だんだんコツを覚えたようです。
昔は、缶切りが普通だったのにね・・。

お釜の缶にお米と水を入れて、
下のコンロの缶には、どんどん牛乳パックを入れて火をおこします。
これが意外と難しいcoldsweats02
油断すると、すぐに火が消えてしまいます。7
夫と母さん、2本ずつやりましたが、
それでもうまくいかない。

そのうち、
ベビーカーのタクマが起きたので、
煙のこない芝生の上に移動しました。
夫、4つのコンロ管理、大変そうsweat01
タクマのおかげで、母さんちょっと休憩smile

でも、がんばって、4つ炊き上げてくれました。

89

炊き上がりは、左の写真のとおりです。
お皿に移し、用意してもらっていたカレーをかけて、いただきま~すrestaurant

4月に赴任した新しい教頭先生がバーテンダーとなり、
いろんなカクテルをふるまってくれていましたbar
生ビールの販売もbeer
飲んだらおいしいだろうなー、と思いつつも、我が家は麦茶とウーロン茶です。

暗くなってからは、キャンプファイヤーnight
1011

校舎の方から火が飛んできて、点火sign03
火の周りでゲームをして、オクラホマとマイムマイムを踊りました。
最後は、花火大会でした。
ちょっと大きめの手持ち花火をやったり、打ち上げ花火を見たり。

内容もりだくさんのデイキャンプでした。
こうやって自由にいろんなことをさせてもらえるのは、
校長先生のおかげなのだそうです。
校長先生、ありがとうございます。

すごーく疲れたけれど、それ以上に楽しかったnotes
みんな起きて家まで帰り、お風呂に入って今日も即寝でした。

さて、夏休みも明日で最後ですconfident

|

« 夜の動物園 | トップページ | 追い込んだのは »

コメント

すごーい楽しそうですね。いろんな経験ができてステキshine
サバメシ…サバ缶をつかったご飯かと思った(笑)
缶切りも使う機会なかなかないですよね。わが家も先日必要な缶があって缶切りかなり探しました。そして開けるのに戸惑った(笑)
長い長いと思った夏休みも終わりですね~。ウチは水曜日からですcatface

投稿: kiyo | 2012.08.26 23:24

fishkiyoさん
やっぱり、サバメシって聞いたら、そう思いますよねーcoldsweats01
アウトドアのご飯には、サバ缶が合うのかな、と勘違いしました。
こんなふうにしても、ご飯は炊けるんだ!と、子供たちはびっくりしたと思います。
夏休み最後のいい思い出になりましたshine

投稿: Ayumi | 2012.08.28 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の動物園 | トップページ | 追い込んだのは »