« ママランチ | トップページ | 体操クラブ »

2012.09.28

はじめてのクラシック

今日は、登園時間ぎりぎり遅くに幼稚園に行きました。
雨も降っていてとても寒い日ですが、
ハルキの遊び仲間くんたちがげた箱のところで待っていてくれて
(保育室の前にげた箱があり、送り迎えは園庭を横切って保育室まで行きます)、
「ハッちゃん、おそいよー。」
「こないかとおもったよー。おやすみじゃなくてよかった!」
ってみんな口々に言ってくれましたhappy01

遅め登園のあと、母さんとタクマはそのままお出かけsubway
今日から3日間、仙台クラシックフェスティバル(通称:せんくら)  が、
仙台市内いくつかの会場で行われます。
行きたいと思っていたけれど、いつも、子供が小さいから・・と行かずにいたせんくら。
友達に、小さい子を連れて行っていいコンサートもあるんだよ、って教えてもらい、
0歳児から入場できる&コウスケやハルキが帰ってくる前にやっているものを探し、
今日の午前中のエレクトーンのコンサートに行くことにしましたnotes

曲目
Dsc01141 ペール・ギュントより『朝』
 『アベ・マリア』
 『美しく青きドナウ』
 惑星より『木星』
 動物の謝肉祭より『白鳥』『フィナーレ』
 『ラデッキー行進曲』

母さん、プロのエレクトーンの演奏を聴いたのは初めてです。
ほんっとうにすごいですねshine
エレクトーンって、鍵盤が上下についていて、足でベース音を出す・・っていうくらいの知識しかなかったんですが、
いろんな操作があるそうで、
まるで、交響楽団の演奏を聴いているようでしたheart04
鳥肌が立ちました。

もう1つよかったと思ったのは、
『0歳児から入場できる』コンサートであって、
『小さい子向け』のコンサートではなかったということ。
童謡などじゃなくて、大人のクラシックが演奏されたということ。
演奏者の方が、
「小さなお子さんが、今日の演奏を聴いて心が揺さぶられたり、
 いつまでも覚えている、ということはまずないでしょう。
 ただ、きれいな音楽を聴くことで、成長する上でいい栄養になることでしょう。」
って言っていたのが印象的でした。
大人の母さんにとっても、心の栄養になります。

タクマ、母さんのひざの上で途中静かに眠り、じきに静かに起きました。

普段家にいるときは、だいたいジャズか、最近はボサノバを聴くことが多いんですが、
間違いなく、しばらくはクラシックに戻るような気がします。
影響されやすいのでねwink

ハルキと一緒だとなかなか麺類が食べられないので、今日はいいチャンスshine
コウスケが小さいころによく行った、生パスタ屋さん:ハミング・バードでランチして、
少しデパートを見てから帰ってきました。

そういえば。
コンサートが終わって、エレベーターに乗ったときのこと。
たまたま隣に乗り合わせた男の人が、
「・・もしかして、○○ちゃん(←母さんの大学時代の呼び名)?」
「・・えっ、△△くん?」
大学時代、母さんの1つ後輩だった、知り合いの人でした。
母さん、大学時代とまったく顔が変わっていないからすぐにわかったってcoldsweats01
当時、夫とも仲がよかったハズ。
「☆☆くん(夫)と結婚したんだよ。」
って話したら、ものすごーーーーく驚いていました。
お仕事の途中だったようですが、しばらく立ち話して、それからさよならしました。
それにしても、十数年ぶりにあったのに顔が変わらないって・・
喜んでいいのかどうなのかcatface

|

« ママランチ | トップページ | 体操クラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ママランチ | トップページ | 体操クラブ »