« 書き初め | トップページ | いただきます♪ »

2013.01.09

文学チック

コウスケ、今日まで午前授業です(と言っても、帰ってくるのは1時)。
お昼を食べてから、図書館に行ってきました。Img_6621

午前中は雪が降っていて、
家の周りは5cmほど積もりましたが、
図書館近くの歩道は雪が解けて、その代わり凍ってました。
子どもたちは、スケートだー、って喜んで滑っていますが、母さんはベビーカーを支えに、転ばないように必死ですsweat01

今日借りた本
*コウスケ・ハルキ
 恐竜の大常識:小畠郁生
 なんだかんだ名探偵:杉山亮
 世界のカブトムシ:今森光彦
 なぞなぞだいすき1年生:小野寺びりり紳
 メカたんていペンチちからパンツ:矢玉四郎
 
 星座と星うらないのひみつ 学研まんが新ひみつシリーズ:藤井旭
 
 
 
 
 さあ化石を探しにいこう!全国化石観察ガイド:自然環境研究オフィス
 まんが化石動物記 げんしじんがあらわれた:たかしよいち
 サザエさん 12:長谷川町子
 よりぬきサザエさん 33:長谷川町子
 サッカーワールドカップのスーパープレーでうまくなる!:田嶋幸三
 えんぴつはかせ:山岡ひかる
 もけらもけら:山下洋輔

コウスケ、長谷川町子さんのマンガが大好きです。
静岡の実家では、じいじが持っている『いじわるばあさん』をずっと読んでいました。
帰省のたびに読みふけっています。
 

*母さん
 
ユリゴコロ:沼田まほかる
 ウインクで乾杯:東野圭吾
 月の砂漠をさばさばと:北村薫
 蝶々喃々:小川糸
 私が語りはじめた彼は:三浦しをん
 夢のような幸福:三浦しをん

 隠岐伝説殺人事件 上・下:内田康夫

昨年の本屋大賞『舟を編む』の作者:三浦しをんさん、すっかりはまりましたconfident
そして、『月の砂漠をさばさばと』は、ピース又吉さんがおススメしていたので、
借りてみることにしました。


こちらに戻ってから、夕方は百人一首の時間となりました。

Dsc01574去年、静岡の実家で坊主めくりをやったのが、コウスケとハルキにとっては百人一首を手にした最初だったのですが、
今年も帰省していたときに、
「そうだ!百人一首をやろう。
 坊主めくりとかやりたい。」

で、今年はカルタの方もやりました。

仙台でも百人一首がたくさんやりたい、といわれ、
こちらに戻ってきたときに、仙台駅近くの本屋さんで百人一首を買って帰りました。
母さんが食事の準備をしているときは、2人で坊主めくりをし、
母さんが一段落ついたら、3人でカルタをします。

コウスケもハルキも、百人一首の取り方を覚えました。
濁点のない字・ゑ、ゐなどの字・おおさか→あふさかなどといった表記なども、
だいぶ理解できているようです。
いいね~smile

母さんも、初めて百人一首をやったのは、小1のときでした。
お正月に親戚で集まって、いとこたちと百人一首をやったのですが、
取った枚数×10円をおこづかいにあげるよって伯父さんに言われて、
でもその年はちんぷんかんぷんで全然取れませんでした。
1年かけて、たくさん練習して歌を全部覚えて、
小2のお正月には、たくさんおこづかいをもらったのでしたscissors
子どものころの記憶力というのはすごいもので、
あのとき覚えたおかげで、いまだに全部暗記できてます~smile ←自慢
・・古典の授業で、百人一首の暗記テストのとき、助かりましたsmilesmile
そんなわけで、
子どもたちと真剣勝負できる日が待ち遠しいのでありました。

|

« 書き初め | トップページ | いただきます♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書き初め | トップページ | いただきます♪ »