« 個別相談(記録として) | トップページ | 荷物持ち »

2014.12.11

空気vs水の結末

今日は、タクマのお友だちのタイチくんの家に遊びに行く予定でしたが、
朝方メールが来て、
タイチくん、朝から発熱と咳がひどくて遊べない・・とcoldsweats02
実は、半月くらい前に一度遊ぶ約束をしていたのですが、
そのときは前日から高熱が出て、翌日病院で検査したらRSだったそうで、
5日間も高熱が続いていたようです。
それが延期になって今日遊ぶことにしていたのですが、再び発熱だそうでhospital

じゃあ、何して過ごそうかな・・と思っていたところ、
起きてきたタクマ、ひどい咳です。
鼻水も、2本出ているなんてレベルじゃありません。
朝ご飯もあまり食べず、機嫌こそ悪くないものの、ずっと咳き込んでいます。
朝一で小児科に行きました。
鼻水と咳の風邪だろう、ということで、RSの検査もナシ。
もし、高熱が出て続くようだったら、すぐに来てください、って言われ、
鼻水とタンを吸い取ってもらってから帰りました。

帰ると、少し熱っぽくて、計ると38.3℃。
うーんと思いましたが、
とりあえず水分をとらせて、ホットカーペットの上で遊ばせていたら寝てしまいました。
そのまま2時間ほど寝かせたところ、
たくさん汗をかいて、熱がすっかり下がっていました。
咳も減りました。
鼻水も減りました。
まだ薬飲んでいないのにねcoldsweats01
もともと機嫌は悪くなかったのですが、さらにすっきりした表情です。
あー、よかった。
でも、家で過ごしました。夕方はバスケに行かないといけないからね。

バスケと言えば・・basketball
準備体操のあとで、8分間走があるのですが、
「○○小~~~、ファイ(オー)、ファイ(オー)、ファイ(オー)!」
という掛け声を順番にかけながら走ります((オー)は全員で)。
それを覚えたタクマ、
「○○ショー、エイッホー、エイッホー、エイッホー。」
と言いながら、家の中を走っています。
結構笑えます。
1~8の数字を速く言うようになったと思ったら、
これも、準備体操の掛け声でした。

        run        basketball        run

先週の授業参観で、
コウスケたちの理科の授業は、ビーカーを温めたときに出てくる泡は、空気か水か・・の授業をやり、空気派vs水派で意見を出させたり、どういう実験をして確認するかを相談したり、そんな内容でした(ブログはこちら→)。、

母さんは、泡は空気だと思っていました。
コウスケのクラスも、空気派22人・水派2人 とほとんどが空気派。
コウスケは、孤立無援の水派でした。

バスケの帰り道。
「お母さん、こないだの授業参観で、泡は空気か水かっていうのあったじゃん。
 あれの実験、今日やったんだけど、
 ・・やっぱり水だったよsign03

ええーっsadsweat01
「あれって、空気じゃないの?」
「ちがうよ。
 あれは、
気体になった水だよ。」

「でも、泡の中は水じゃないんでしょ?」
「液体じゃないけど、水だよ。」
コウスケの話では、
コウスケ班が提案した、出てきた泡を、管を使ってビニールに集める、という方法の実験をみんなでしたらしい。
その結果、
空気だったら、温まっているからビニールがふくらむはずが、
ビニールは内側に水滴がつくばかりで、ふくらまなかったらしい。

そうかぁ。
空気と、気体になった水(水蒸気?)は別物なんだなぁ・・ということに納得するまで、
10分ほどかかりました。
教科書にも、そんな既述が書いてありました。

そういえば、湯気は固体か気体か、っていうクイズをテレビでやっていて、
自信満々に「気体!」と答えたのに、
正解は固体だったっけ。
なんだか学習能力が大変低下しているように思われます。
今まで、理数が得意だと子供たちに言ってきましたが、
もうそんなこと言えませんng

|

« 個別相談(記録として) | トップページ | 荷物持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個別相談(記録として) | トップページ | 荷物持ち »