« プールの代わりは | トップページ | 師走ですから »

2015.12.21

回復の兆し

金曜日に接骨院でひざの治療を受けたコウスケです。
土曜日の練習はいつもどおりにやってみて、
何をしたときにどこが痛かったのかを教えてね、と言われていたようです。

土曜日、午後からの練習です。
練習前に、足の具合を聞いてみると、
「全然痛くない!」
と言っていました。
実際に練習を始めて、
ダッシュもゆっくりめ、8分走もだいたい普段は28,9周走るところを18周のペースで。
来週の練習試合に備えて、
新しく入団した子もたくさんいるので、試合の流れを確認しつつ、1分ゲーム。

結局、最後まで足が痛くて練習を抜ける、ということがありませんでしたhappy01

夜、夕ご飯を食べてから接骨院に行きましたhospital
21時まで受付をしてくれているので、部活やスポ少帰りの子がやってきます。
コウスケ、3分間なわとびのときに痛くなったけれど、
他のときには足が痛まなかったそうです。
「あー、それはよかった!」
と先生も言ってくれていました。
気持ちい~い電気をかけてもらい、
そのあと先生の施術をしてもらい、
前日もやってもらったひざのテーピングを施してもらって、おしまいです。
「あとは、身体がよく休まるように、お風呂はゆっくり入ってたくさん寝ることだね。」
ひざに水がたまっているときには、お風呂はサッとと言われ、
抜けてからは、長く浸かってと言われ。
お風呂って、重要spa

日曜日はお昼練習。
8分走は18周ペースだったので、前の日と一緒です。
基本練習のあとで、試合を意識した動きの練習がありましたが、
だいたいいつもどおりにやっていました。
練習後も、ハルキと走っていたほど。

こら、ハルキは走るなsign03

・・そんなハルキ。
とりあえず、歯の靭帯はくっついて一安心、なのですが、
普段よく動いている子に動くな、というのは、精神衛生上よろしくありませんsweat01
ボールを持たせてはいますが、
みんなと一緒に練習してぶつかってもいけないし、
母さんと2人でパス練習して、うっかりキャッチミスしたら顔にあたるし、
なので、
ハルキは母さんにパスをして、母さんはそれを転がして返す、という練習をしました。
転がったボールを確実に拾うのも、練習の1つです。

そんな様子を見ていた、あるお父さん。
母さんが、コーチとの打ち合わせでちょっと離れた時に、
軍手を丸めたのを1つ用意して、ハルキの練習の相手をしてくれました。
ハルキはその場でしっかりとしたドリブルをし、
空いている手で軍手をキャッチボール、です。
手を交互に替えたり、同じ手だけどキャッチボールのスピードを上げたり。
ドリブル得意なハルキ、上手ですnotes
打ち合わせを終えたコーチがその様子を見て、
「その練習いいねー!」
と、ドリブルシュートの列についていた数人と、母さん含め同じ数の保護者も呼んで、
同じ練習をやりました。
みんなとちょっとだけ一緒の練習ができて、そして、「じゃあ、みんなハルキのやるのを見て。こうやってやるんだよ。」って見本もやらせてもらって、ハルキもうれしそう。

まあ、こうやってハルキの練習相手にもなれたし、
コーチとの打ち合わせがしっかりできたのも、
タクマが昨日の練習にはいなかったからですね~bleah
先日開通した、仙台市地下鉄東西線に乗ってみたい!という夫が、
今度、地下鉄で行けるようになった八木山動物園にタクマを連れて行ってくれたのです。
助かりましたhappy01

|

« プールの代わりは | トップページ | 師走ですから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プールの代わりは | トップページ | 師走ですから »