« Happy Birthday 8th☆ | トップページ | 安静に »

2015.12.03

プロの業

昨日は、タクマの3歳7ヵ月検診でした。
お友達のタイチくんも昨日が検診日happy01
早めに待ち合わせて、一緒にお昼を食べました。

Img_2252Img_2253

タイチくんが来るまで、県庁脇の広場でハト追いdashdashdash
みんな木の上に上がっちゃった。

さて、検診は早めに行ったので、受付番号はタクマが1番タイチくんが2番。
受付が早いと、行ってすぐに個別の問診が始まるので、そのあとが早く進むんです。
タクマ、1番に呼ばれ、問診が始まりました。

「こんにちは。」
とあいさつしてイスに座ったものの、
「じゃあ、お名前を教えてくれますか。」
ニヤリと笑って
「やだーっsmile
「じゃあ、何歳かな?」
「フフ、やだーっsmile
おうちではどうですか?と聞かれたので、
家では答えられるし、先日の幼稚園の面接でも名前と年齢は言えました、と話すと、
だったらよかったですhappy01って。
保健師さんが本を出して、公園で遊んでいる子たちのページを開き、
「タクマくん、この中でいじわるしている子はわかるかな?」
タクマ、保健師さんがページをめくる時に新幹線があったのを目ざとく見つけていて、
そっちを開きたいと、むりやり本を取ってしまいましたsweat01

仕方ないので、母さんとの面談になりました。
やっぱり、まだまだ言葉の遅れが気になるので、個別面談をしたいことを伝えました。
生活面については問題ないとのことです。
「3人目の子育てはどうですか?」
と最後に聞かれました。
上の2人は、はっきり言って全然手がかからずに育児書通りに育っていったので、
そういうものだと思っていたけれど、
タクマは1つ1つが遅くて心配な面もある反面で、
子供はこうやってできないことができるようになるのか!という驚きがあったり、
できなかったことが、今日できるようになったという成長がはっきりと目に見えて、
着実に爪跡を残しながら大きくなっていくのを見るのが楽しいし面白い、と。
これは、母さんのホンネですnotes

続いて、耳の検査ear
中耳炎のときにやるような、鼓膜の動きの検査です。
ですが・・耳掃除も大暴れなタクマ、もう大変です。
しゃべったり大きく呼吸したりすると、動きが乱れるとのことで、
大泣きのタクマの鼓膜の動きは、波形がメチャクチャですsweat02
3人で抑え込んで、母さんの胸にタクマの顔を押し付けて、右耳完了したものの、
左はどうにもうまくいかず、また後からになりました。
検査室を見ると、何の検査なの・・?と他の子たちがおびえていましたが、
その後泣いた子はいなかったようですcoldsweats01

歯科検診は虫歯ナシ歯石なしで問題ナシgood
身体測定では、身長は92.3cm、体重は14.5kg、標準内です。
内診も問題ナシでした。

もう一度耳の検査、なんとかかんとか左も検査してもらいました。

それから視力検査へ。
検診の案内の中に、が描かれた紙が入っていて、
2.5m離れたところから、片目・両目で見えるかどうか検査してきてください、
3歳半の子どもなら、練習すればできるようになります、ってお手紙が入っていました。
タクマ、あの手この手でやってみるも・・うまくいかず。
なので、受付でそのことを伝えていたのです。
車のハンドルくらいある大きなを、保健師さんがタクマに渡しました。
「タクマくん、車ぶーーんって運転してみようか。」
「ぶーーーん。」
「うわー、上手上手。
 じゃあ、保健師さんが見せる紙と同じように、ハンドルの向きを変えられるかな。」
と、の切り口を左にすると、
びっくりしたことに、タクマも同じように左にしています。
上も下も右も、できるじゃなーいsign03

「じゃあタクマくん、あそこに駐車場があるから、そこまで運転してくれるかな。」
と言われ、2.5m先のラインまで移動しましたrvcardash
「タクマくん、ハンドルをこれと同じようにできるかな?」
すると、のハンドルを同じ向きに変えているじゃないのsign03
4方向すべてOKgood
そのあと、母さんが片目ずつふさいでやってみるも、全部見えてるeye
クリア~shine
「タクマくん、視力に問題はないですね。」
「ありがとうございます。
 何がよかったかって、視力に問題ないこともうれしいですが、
 この検査をタクマがやれたことが、ものすごくうれしいですー。」

最後に、お願いしていた個別面談をしてもらいました。

去年相談に伺ったのがちょうど1年前(日記はコチラ→)。
「タクマくん、こんにちは。お母さん、髪伸びましたねー。」
って言われましたhappy01
最初に、タクマにはオモチャで遊ばせ、その様子を見ながら母さんと面談です。
前は言葉を教えていた感じでしたが、
最近は「これ、なんだ?」と聞かれることが多く、教えた言葉はだいたい覚えるので、
話せる単語の数はかなり増えたこと、
赤いリンゴがあったときに、今までは、
「これ、リンゴ。これ、赤。」
だったのが、
「これ、赤のリンゴ。」
とつながってきたこと、
ただ、話せるのが、目に見えたり選択肢を挙げられたりしたものだけなので、
漠然と「何色が好き?」「どこにいきたい?」という質問には答えられなかったり、
自分の感じていること、過去に起こったことを話すことはまだできないこと、
・・まあ言えたとして、「あつい」「さむい」「ちがう」 くらいなこと、
を伝えました。

その後、保健師さんとタクマがやりとりしました。
「タクマくん、発音がとてもよくなってきたので、
 言っていることは、周りの人にも伝わりやすくなったんじゃないですか?
 言葉の種類も確かに増えていますし、意味もわかっているようです。
 子供たちの表情が描いてある絵を見せて、
 『どの子が泣いてるかな?』『楽しそうなのはどの子かな?』
 と聞いた時には、コレって指は差しませんでしたが、目線がそちらに行っていたので、
 わかってはいるようです。
 多分、幼稚園に行って、子供たちや先生と接する中で、
 言葉の面もかなり成長すると思います。
 ただ心配なのが、タクマくんがうまく話せるようになる前に、
 例えば友達とケンカして先生が両方から話を聞こうとしても、
 タクマくんが十分に説明できなくて、話がちゃんと伝わらないのでは・・ということで、
 だから、先生にはタクマくんの会話の状況をよく話しておいた方がいいですね。」
とのことでした。
とても安心しました。発達心理の保健師さん、さすがです。

長くなりましたsweat01
何はともあれ、無事に検診が終わって、大きな異常もなくてよかったです。

|

« Happy Birthday 8th☆ | トップページ | 安静に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy Birthday 8th☆ | トップページ | 安静に »