« それは突然に | トップページ | パンツマン道 »

2016.02.27

そんな路線

前回、図書館からたくさん本を借り、なかなか読み切れずにいました。
予約本が次々と届くし、
新刊がどんどん出ているので、その予約も入れたいし・・

用事のなかった水・木曜日の昼間に読む予定が、急用が入って全然読めないしsweat01
この2日間の夜に必死で読みました。
・・読書は必至でするものではないとは思うのですけれどね。

よし、これで図書館に行けるbicycledashdashdash

昨日借りた本(濃い字は予約本)
*コウスケ・ハルキ・タクマ
 おばけ野球チーム;水木しげる
 ゲゲゲの鬼太郎と妖怪ラーメン:水木しげる


*母さん
 幹事のアッコちゃん:柚木麻子
 また、同じ夢を見ていた:住野よる
 闘う君の唄を:中山七里
 救命センター カルテの向こう側:浜辺祐一
 すしそばてんぷら:藤野千夜
 なぜ、この人と話をするとラクになるのか:吉田尚記
 天才がどんどん生まれてくる組織:齋藤孝

 怖いクラシック:中川右介
 フクシマに立つ 五行歌集:叶静游
 書く女:永井愛
 同姓婚 私たち弁護士夫夫です:南和行

今回もたくさん借りましたが、
前回はボリュームある本が多かったのに対し、
今回はボリュームはそれほどでもないので、どんどん読めそうです。
そして、今週の新刊3冊を事前予約してきました。
販売日以降なら、図書館に入る前に予約をすることができます。
3冊とも予約2番でしたscissors
昨日借りた本にある、この方法で予約した、柚木麻子さんの『幹事のアッコちゃん』は、
予約1番が取れた本です。
先週水曜日に発売され、その日の朝一で予約に行ったのですrun
図書館に入ってまだ数日なのですが、すでに120人待ちです。

こういうことには、労力は惜しまないshadow


さて、昨日の午後は参観会でした
コウスケは特別活動:『1年間を振り返ろう』
ハルキは生活:『「あしたへジャンプ」できるようになったよ ベスト3発表会』
どちらも発表もの。
グループ発表は順番があるでしょうけれど、
個人発表は先生が融通を利かせてくれることが多いので、
まずコウスケの発表へ。
「オレ、高いきれいな声で歌ったの初めて。」
と最近よく口にしていましたが、
高音パートの続く歌の斉唱がありましたnotes
それから、スライドも使った発表。
コウスケのグループは、野外活動のことを発表しました。
出番が早くてよかった。
急いで2年生の教室へ。

ハルキの順番まで5番のところでした。
先生も、ハルキを一度飛ばす予定だったようですが、
母さんが教室に入って来たのを見て、順番の変更はナシになりました。

「ぼくの発表をします。
 ぼくが小さいころに好きだったものは、ウルトラマンです。
 身体の一部を見ただけで、どのウルトラマンか全部答えられました。」

すごーい、という声がたくさん聞こえましたear

「次に、ぼくが1年でできることになったベスト3を発表します。
 3位は、大縄跳びを連続して跳べるようになったことです。
 1年生のときは、前の人と間があいてしまいましたが、
 コツを教えてもらったり、他の子がやるのを見ていたら、できるようになりました。
 うれしかったです。

 2位は・・。」
2位は?

「1年生のときより面白くなりました。
 いろんな芸をたくさん覚えて、みんなに笑ってもらえることが増えました。
 これからも、たくさん面白い芸を覚えていきたいです。」

はぁsadsweat01sweat01
ここは吉本かっsign02
みんな、九九が言えるようになった、漢字が上手になった、早起きができるようになったとそんな内容なのですよ~wobbly
子供たちにはウケてました。お母さんたちからは忍び笑いがcatface
しかしながら、本人はいたって真面目です。

1位はバスケのことでした。

懇談会(今回は茶話会)は、こないだ5年生の方に行ったので、今回は2年生。
終わってから先生とお話しました。
「先生、ハルキの字はどうしたらいいでしょうね。」
「はっきり言いましょう。ハルキさんの字は大変です。
 他にも字が汚い子はたくさんいるんですが、
 書き取りでたまにきれいに書いた時に、VERY GOODと書くと、
 そのあと何日かはやる気を出してきれいに書いてくるんですが、
 唯一、VERY GOODが響かないのがハルキさんなんですよね・・。」

「そうなんですかーsweat02
先生は、去年はコウスケの担任の先生でした。
「コウスケも字が汚かったけれど、
 最近自主勉強でたくさん書き取りをやるようになって、
 だいぶきれいになってきたんですよね。」
「コウスケさんは、コツコツ努力するタイプですからね。
 ハルキさんが同じように行く可能性は低そうだなぁ。」

トホホ。
宿題をする横で口を酸っぱくするしかないかな。

先生は、隣市のスポ少バスケの監督をしています。
職員室に向かうときに、タクマを抱っこして
「弟くんもバスケやるのか~?
 いろいろスポーツあるけど、バスケいいぞー。」
などと話しかけていました。
すると、そのまま職員室に行く気になったようです。
「おかーさん、バイバーイpaperImg_2920
なんだそりゃ。

参観会・懇談会があったので、昨日はスイミングに間に合わず、かわりにバスケをしに行ってきました。
1日お疲れ様のタクマは、ずっと寝ていましたsleepy

|

« それは突然に | トップページ | パンツマン道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは突然に | トップページ | パンツマン道 »