« 同じクラスⅡ | トップページ | シンプルイズベスト »

2016.04.11

TDLに向けて

土日は、バスケの春の大会でした。
大会と言っても、勝ち進んだら次のステージがあるものではなく、
区内の大会ですので、区内で終わり。
でも、この試合で、
今年はどこのチームが強いか、どこにすごい選手がいるのか、というのがわかりますし、
監督やコーチも、他チームのチェックをしていたようですeye

1日目の第一試合で当たったのは、
全国大会にも出場したことのある、この辺りでの名門チーム。
・・すみません、このトーナメントのくじをひいたのは、母さんですsweat01
最初はあまり差がなく進んだ試合は、
終わってみれば、62-18● ですよ。
コウスケ、シュート決めていたけど、18点のうち何点なのか・・2点かな。

第二試合は、
第一試合で一生懸命応援をしていた2,3年生の子を監督とコーチがほめてくれて、
1Qにちびっこメンバーで出させてもらいました。
全然点数は入らないんだけど、
普段なかなか試合に出させてもらえない子ばかりで、みんな勢いがあります。
見ていて楽しいhappy01
2~4Qは上級生が出て、無事に逆転しましたrecycle
コウスケ、第一試合も第二試合も、今一つキレがありません。
「お前が悩んでいるのはよーくわかっている。
Img_3375 大いに悩め!」
と監督に言われていましたが、
あとで聞いたら、
「・・オレは、何か悩んでいるのか?」
だってcoldsweats01
単に、動きがにぶかっただけ。

2日目。
朝のアップの様子camerashine
矢印は、ドリブルフォームからするとハルキのはず。

こちらも第一試合ではビミョーなコウスケでした。
第二試合は、相手が6年生のいないチームでしたので、
こちらも6年生抜きのメンバーにするとのこと。
前日と同じ、2,3年生5人で1Qに出場です。
唯一、上級生と一緒にスタメンに入っているリョウタと、ハルキと2人で、
試合展開をしていくように、との監督の指示でした。
代わる代わるゴールへ切りこんでいく2人。
2人の間では、ミスなくパスが通ります。
結局ハルキは、
ほとんど点数にはならなかったのですが、ゴールリングに当たってあとちょっと!なシュートを10本近く打つことができ、
親の色眼鏡を外したとしても、
リョウタとハルキのコンビプレー、すごかったです。
試合が終わったあとで、応援席のお母さんたちからも、
「リョウタとハルキが並んで走っているの見たら、鳥肌立った。」
「スタメンに入れたらいいのに。」
とたくさんお褒めの言葉をいただきました。
3,4Qも出させてもらい、
この試合はハルキ4得点。

3年後。
ハルキたちが6年生になる時の代に賭けている、と監督がいつも口にします。
全国大会に出て、
まだディズニーランドに行ったことのない監督も一緒に、
全国大会の記念としてみんなで遊びに行こう、というのが、
ハルキたちの代の合言葉です。

|

« 同じクラスⅡ | トップページ | シンプルイズベスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じクラスⅡ | トップページ | シンプルイズベスト »