« お楽しみのお泊まり会 | トップページ | 遊び倒し »

2016.07.29

夏休み一週間

昨日は、コウスケとハルキの面談でした。

まずはコウスケ。
年度初めの仙台市標準学力テストの結果が渡されました。
ふむふむ・・予想通りな感じですcatface
国語で一単元、ごっそり間違えている読解問題がありましたng
「コウスケさん、かなり本を読んでいるんですけどねぇ・・。」
ええ読んでます。
ただ、母さんと一緒で、表面をなぞってるだけなのでしょうsweat01

学校では、話し合いの場でけっこう意見を言うそうです。
あと、修学旅行のメンバーからのコメント(?)では、
『ふとしたときに面白いことを言ったりして笑わせてくれて、盛り上げてくれてありがとう』
へぇぇ・・ハルキならわかるけど、コウスケがねぇ・・。
それから、字がとてもきれいなことをほめてもらいました。
夏休み前に、何人かの子に先生から賞状を渡されたそうで、
コウスケは、字がクラスで一番上手に書ける、っていう賞をいただきました。
4年生くらいまでは、字が下手で雑でどうしようもなかったのにね。
あとは、
「とにかく、ヒザが早くよくなるといいですね。」

続いてハルキ。
同じく仙台市標準学力テストが返ってきました。
こちらもほぼ予想通りcatface

ハルキの課題は、とにかく『字』。
「ハルキさん、勉強は真面目にやるしテストもちゃんとできるのに、
 とにかく字で損してます。
 ほら、このノート見てください。」
理科のノート、まーーーーったく読めません。
こないだの宿題では、
10000と書くところが、1UUUUになってましたけど~sweat01
「算数の宿題で間違えているときは、
 自分の字がきたないので読み間違って計算していることがほとんどです。」
おっしゃるとおりです。

最近の子供は、将来の夢について親と語り合わない、という話になり、
「ハルキ、芸人になりたいっていってるんですけど。」
と話すと、
「多分それは、芸人になって周りの人を笑わせたい楽しませたいということだと思うので、
 芸人以外にもそういう職業はあると思いますし、
 他の職業についても、周りを楽しませることはできますよね。
 ハルキさん、クラスでもいつも周りを明るくしてくれているからね。」
さりげなく芸人ではない道を勧められたような。
最後に、字のダメ出しを受けて帰ってきました。
ハルキも、コウスケみたいにどこかでスイッチが入って、
きれいな字が書けるようになるといいんだけど。

そんな、きれいな字ときたない字の2人が今年選んだ夏休みの宿題は・・
『書道』と『読書感想文』
Img_5648去年までは、八木山動物園の写生大会に参加していましたが、前の小学校からなら近かったのが、こちらからではちょっと遠い。
コウスケも写生にあまり乗り気ではないので、
今年は家でできるものになりました。

読書感想文は、2人とも課題図書から選びました。
コウスケは母さんの洗脳により『Wonder』、420ページの大作ではありますが、
コウスケ曰く
「思ったより字が大きい。」
ハルキは、『さかさ町』を選びました。これも海外作品、100ページ弱です。
2人とも、毎晩読み進めているようです。

となると・・
今年の夏休みの宿題の最大の山場は、ハルキの書道ということですねtyphoon

|

« お楽しみのお泊まり会 | トップページ | 遊び倒し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お楽しみのお泊まり会 | トップページ | 遊び倒し »