« ビックスケール | トップページ | 今夏の本 »

2016.07.12

つまりを取る・むくみを取る

バスケを通じて知り合った、他チームの保護者の方が、
家族でリンパマッサージや整体などのお店を経営しているそうで、
最近とみに足のむくみや重さが気になっていたので、
リンパマッサージを受けに行ってきましたbicycledash
今日施術してくれたのは、
その他チームくんから見たらおばあちゃん。
でも若々しいnotes

自分では肩凝りはないと思っていましたが、人並みに凝っているらしい。
そして・・
足のむくみがとてもひどいってcoldsweats02
普段動かすことのない内腿などは、もう痛くて痛くてsweat02
でも、産まれてこの方ずっと気にしていた足首の太さは、
お肉ではなくて、むくみや老廃物が溜まっていることなどによるそうで、
ちゃんと流れるものを流せば、ぐっと細くなるってsign03sign03
家でできるマッサージを習ってきました。
カモシカ目指してがんばるrock

帰りに、知り合った保護者の方(お父さんの方)にもお会いしました。
この方には、以前ハルキの足をマッサージしてもらったことがあります。
母さんの足を何ヵ所か押して一言、
「歳相応の筋肉がないですよ!このままだと、将来静脈瘤になりますよ。」
そして、バスケの練習を見ている間にできる、インナーマッスルトレーニングを教えてもらいました。
静脈瘤のないカモシカを目指したいrock

バスケの話で盛り上がっている中で、コウスケの足のことも話題になりました。
骨が折れていたりひどい炎症が起きているのでなければ、
マッサージをしてあげた方が、血流や循環もよくなるから、治りが早くなるよ、って。


それで、ずっと迷っていましたが思い立ちました。
コウスケ、今は週1で整形外科に通っています。
先生がエコーをしてくれて、「水溜まってないね。」と言って、コウスケのひざを押してコウスケが「痛い。」と言うと、「じゃあもう一週間安静に。」
それで終わりです。
いつまで安静にしたら治るのか、痛みがまったくなくなることがあるのかと、
悶々としていました。

思い切って、積極的治療に踏み切ろうと思いました

整形外科と接骨院は、同時にかかるとどちらかが保険が効きません。
なので、いつもは整形外科の通院が終わってから、痛みが残る場合に接骨院に行く、という感じでした。
かかりつけの接骨院に電話しましたtelephone
1ヵ月前、コウスケがひざを痛めて立てなかった時に、まず駆け込んだ接骨院です。
この1ヵ月の診断と今の様子などを伝え、
保険が効かなくてもいいから一度診てもらえますか?と聞くと、
すぐにおいで、って。
遊びに行ったハルキが帰ってくるのを待って、接骨院に行ってきました。

こちらの先生の診断では、
痛みの原因となっているひざのお皿そのものが痛いわけではなさそう。
分離しているお皿の一部とつながっている筋肉の緊張で痛みが出るといわれているけれど、この筋肉を緩めても痛み具合が変わらないところを見ると、痛みの原因は違うだろう、と。
1ヵ月包帯を巻いていたことで、ひざ下がむくんでいて、それも原因の一つ。
ずっとあまり動かさなかったので、逆に、動かすと痛くなってしまうのだろう。
湿布を貼って包帯を巻いて・・で、脳が過敏に痛みに反応してしまっている。
骨の位置は正しいところにあるので、安静にしても目に見えた回復はないだろう

・・とのことでした。

「1ヵ月は長かったね。じっとしているの、大変だったでしょう。
 もっと早く治療始めていたら、もう動けていたよ。
 安静にして治るの待ってたら、引退になっちゃうところだったよ。」
とも言われました。

先生にあちこちマッサージされ、ヒーヒー悲鳴を上げていました。
ひざ下のむくみをマッサージしている時だったようです。
ひざ周り、太腿もほくしてもらい、最後に電気をかけてもらって終了です。
テーピングもしてもらいました。

整形外科が悪いわけではありません。
レントゲンやCTを撮って、原因をちゃんと調べてくれましたし、
まったく立てなかったのが立って動けるようになったのも事実です。

P7123720でも、骨折やひびではないときは、
回復が停滞していたら早めに接骨院に行ってみるのもいいのかなぁ、って思いました。
まだまだ、整形外科&接骨院にはお世話になるでしょうからね。

足のむくみが取れて、軽くなってきたと喜んでいます。今までは足はあまり温めないで、って言われてお風呂も超短時間でしたが、今日はちゃんと温まって血流をよくするんだよ、って言われたので、久しぶりにゆっくりお風呂に入らせましたspa
早くよくなりますように。

|

« ビックスケール | トップページ | 今夏の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビックスケール | トップページ | 今夏の本 »