« 隠し玉 | トップページ | お気に入りの絵本 »

2016.12.13

雪の日の珍事

前日からの雪は、夜の間も静かに降り続け、
朝には3cmの積雪です。
そして、雪のないところは凍結しています。

さて・・アップダウンある道を通っていくタクマの幼稚園、
車で行くのも怖いし、自転車でも転びそうだし、歩いたらどれだけかかるの~sign02
と思っていましたが、
実は実は、心強い味方がいたのですねーhappy01

お昼過ぎに、仙台支店で仕事があるという夫、
午前中も用足しに出るくらいとのことで、朝はゆっくり出勤です。
車の運転をお願いすると、快く引き受けてくれましたsign03
いつも往復する道は、家へ戻る道が大渋滞で全然車がうごく気配がなく、
なので、タクマを幼稚園まで送り届けた後、他の道を通って家に戻ってくれました。
こちらの道は、別の渋滞の反対車線なので、スムーズに進みます。
あー、ホントによかった。ありがたいありがたい。

Pc123848これは、母さんが仕事に行く直前の庭の写真。
空も暗いままです。
いつもは自転車で行っていますが、歩いていきました。
こんな日でもちゃんと仕事に行けるようにと思って選んだ、近場の職場です。

さて、仕事から帰ってきて遅お昼を食べていると、夫が帰ってきました。
これから宮古に戻るそうで、その前に顔を出してくれたのだそうです。
夫を見送って、そのうちコウスケとハルキが帰ってきて、それじゃあタクマのバスの時間だから迎えに行くね、と家のカギを持っていこうとしたら・・
ないっsign03
いつも置いている場所にありません。
もしかして、カバンの中に入れっぱなし?リビングに持ってきてしまった?
と思っても、どこにもありません。
2人が家にいるなら、とりあえず家のカギはかけなくても大丈夫と思い、
バス間に合わない~、と、地面がところどころ凍結している道を、自転車すっとばしていきましたが、バスの方が早くて、ちょっと待たせてしまいましたsweat01
家に戻ってカギを探しても、やっぱりない。
家のカギは、コウスケやハルキに持たせているのでそれを借りるとしても、
カギがなければ、車が動かせません。

もしかして・・と思って夫に電話するも、高速運転中だから電話にも出られずcoldsweats02

そのうち、SAに停まった夫から電話がありました。
どうしてオレは母さんのカギを持っているのだろうか、と。
やっぱり!でも在りかがわかってよかった。
夫は、盛岡で高速を降りるので、そこからカギを送ってくれました。
この日の夜は、高校のバスケットスクールの日でしたが、
他のお母さんがコウスケとハルキを連れて行ってくれて、
思いがけず、タクマとゆっくりと過ごせた夜になりましたmoon3

|

« 隠し玉 | トップページ | お気に入りの絵本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠し玉 | トップページ | お気に入りの絵本 »