« ハピバ♪ | トップページ | 自転車とおにぎり »

2017.06.13

コミュニケーション

中総体の間の3日間はお弁当でしたが、
もし、3日のうちに雨の日があると、今日まで中総体がずれこむことになっていて、
そんなわけで、今日は中学校は通常授業でしたが、お弁当持ちでした。

Img_8283コウスケ・タクマのお弁当

しっとりおかかふりかけご飯
(コウスケ)ピーマンの肉詰め
(タクマ)肉詰めの中身だけ
カボチャコロッケ・卵焼き・ミニトマト
なすの揚げびたし・オクラ

合間をうめるようなレタスなどがなくて残念。


最近、タクマやたら疲れていて、昼寝をしたり夜も早く寝ることが多いのですが、
眠くなるとただでさえ口数が少ないのが、全然しゃべらなくなります。
そのタイミングで、夫がタクマに話しかけたのですが、全然返事をしなかったようで、
タクマは本当に大丈夫なのか?と、誕生会の夜に心配になったようです。

幼稚園にお迎えに行ったときに、担任の先生にちょっと相談してみました。

先生のお話では、
確かにタクマは他の子に比べると、言葉は遅れているけれど、
周りの人の言うことは理解できているし、意思疎通もできている。
友達ともたのしく遊べている。ふざけたりもしている。
集団行動での遅れもなく、集団から飛び出していってしまうこともない。
子供たちは、年度の後半になると一気に成長する時期がやってくるもので、
実際、去年のタクマは秋ごろから言葉が増えてきたように、隣のクラスの担任をしながら感じていた。
また、友達に話しかけたりできるのは、性格的な部分もある。
だから、もう少し言葉の面は様子を見ていけばいいと思う。

とのことでした。
確かに、母さんも幼稚園お迎えや参観会など行っても、他のお母さんとは全然しゃべらないし、コウスケもそんな子供だったかも。
直近のハルキが、ものすごく社交的だったから、よけいに比較してしまいましたが、
性格・・というのはすべてではないにせよ、あるあるだな~confident

Img_8221Img_8284_2

母さんとの会話も、
今までは、母さんが質問→それに答える、という感じだったのが、
いわゆる“会話のキャッチボール”ができるようになってきました。
母さんが話すことに、相槌を打つこともあります。
タクマが話題を振ってくることもあります。
じっくり話すと、なかなか面白いことを言います。

コウスケとハルキには、
タクマが話しかけたら、めんどくさがらずに丁寧に答えてね、と話しています。
兄さんたちが話すことをちゃんと聞いて、自分のものにしていきますからね。

|

« ハピバ♪ | トップページ | 自転車とおにぎり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハピバ♪ | トップページ | 自転車とおにぎり »