« 初めてのお約束 | トップページ | 野外活動とパパイヤ族 »

2018.06.05

苦難のサックス帽子

5月末のスイミングの進級テストで、やっとこさ合格して大喜びしたタクマでした。
先週から、新しいサックス帽子をかぶって、さぞかし張り切っていることと思ったら・・

「おかあさん、きょうのスイミング、おやすみしたい。」

なななんとcoldsweats02
初の登校拒否sweat01
「どうしてお休みしたいの?」
「だって、おうちであそびたいから。」
「スイミング帰ってきてから少し遊べるでしょ?」
「・・・。」
そして、重い口を開いたところによると、
サックス帽子になって、
泳ぐのが難しいこと、
コーチがちょっと怖い感じで←決して怖くはないんだけど、ニコニコなタイプではない
「ひざを伸ばして!」と怒られて嫌だったこと←決して怒ってはいない
が重なって、行きたくなくなっちゃったようです。

「コーチに、今日お休みしていいですか、って聞いて、いいよって言ったら休んでいいよ。」
と話して、幼稚園に送り出しました。

スイミングなので、今日はお迎えの日です。
担任の先生に、
「きょうは、スイミングおやすみなんだよ。」
コラコラpout
担任の先生に、朝のことを話すと、先生大笑いしていましたhappy01
「タク、そんなこと言うようになったんだー。あー、おかしい。」
って。
そのままスイミングに行っても、テンション低いし、あわよくば逃げ出しそうな状態です。
半年前にサックス帽子になって、今はその次のクラスに上がった同級生の男の子がいるのですが、確かその子もサックス帽子になったころにスイミング嫌がってたな・・と思い出して、そのお母さんに聞いてみたところ、
「そうなのよー。強気なうちの子ですら、行きたくないって泣いたよー。」
ですって。
それまでは、一番はしっこのコースだったから、いざとなればプールサイドに上がれたけれど、サックス帽子からは内側のコースを泳ぐから、それがまず不安になること、
泳ぐ距離も長くなるから大変なこと、
それで、みんなこの段階でテンションが一度下がるんじゃないかって。
体操の部屋に行くと、
「コーチ、きょうスイミングおやすみしてもいいですか?」
と聞くも、
「もう水着に着替えちゃったから、今日は泳いだら?」
とバッサリ切られたタクマです。
一緒にサックス帽子に進級した女の子がやっぱり泣いていましたweep
「大変だと思ったら、コーチに言えばいいんだよ。」
って、新サックス帽子の子たちは先のお母さんに教えてもらい、
何とかプールへ行きました。

母さんは、用事があってスイミングを見ることができなかったのですが、
着替えに戻ってきたときには、ニコニコとしていました。
他のお母さんたちの話では、始まってしまえば全然いやそうではなかったって。
「きょうは、ひざをのばしてバタあしできたよ。」
って教えてくれました。

Img_1894ハルキのスイミングのとき、
いつもはマキちゃんという1年生の女の子と一緒に遊んでいます。
タクマはマキちゃんに会うのが楽しみだし、マキちゃんもタクマと遊ぶのを心待ちにしてくれていて、
たまにタクマがコウスケと留守番してしまって連れてこないと、マキちゃんのテンション急降下downです。

そのマキちゃんが、お姉ちゃんの用事があって、6,7月はお姉ちゃんスイミングに来られない=一緒に遊べない、そうです。
ハルキのスイミングの前にマキちゃん自身のスイミングがあるので、
ちょうどタクマと母さんが見学席に着くころにマキちゃんがプールから上がり、
ガラス越しに大きく手を振り合って喜んでいるタクマです。
 ・・マキちゃんも、タクマを見つけるとパァーッと顔が明るくなります。
   ありがたい話です。
そのあとは、仕方ないので1人で遊びました。
ふと思い出したように、
「おかあさん、きょうスイミングがんばったから、アイスかって。」
スイミングのところに、セブンティーンアイスの自販機がありますが、普段は買いません。
でも特別に今日は買ってあげました。

|

« 初めてのお約束 | トップページ | 野外活動とパパイヤ族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてのお約束 | トップページ | 野外活動とパパイヤ族 »